61e04755jw1e1t780r327j

長距離移動にはかかせない飛行機。安全のために搭乗時には「火器は持ち込まない」「電子機器の電源をオフ」などのルールが設けられている。これらを守ってはじめて快適な空の旅を楽しめるのだ。

だが、先日、中国でオランダ航空に搭乗していた6名の乗客がこれらルールを断固拒否、大声で客室乗務員を罵倒するなど騒ぎを起こしていたという。この影響で離陸が遅れるという事態に陥っていたそうだ。

2月13日、中国北京の首都国際空港。アムステルダム行きのオランダ航空KL898便が、搭乗時間に遅れた6名のファーストクラスの中国人客を待っていた。6名は少し遅れたものの無事搭乗。離陸を待つばかりとなったそのとき、事件は起こった、ファーストクラスシートからわめき声が聞こえてきたのだ。

なんと遅れてきた6名の中国人客が乗務員の指示を聞かずに騒いでいたのである。彼らはシートベルトの着用を断固拒否、携帯電話も切らず、挙句の果てに客室乗務員を口汚い言葉で罵ったという。客室乗務員の写真を撮りネットにさらすと迫った者さえいたそうだ。

機内2階部分のファーストクラスで起こったものだが、その騒ぎは1階部分にまで聞こえてくるほどのものだったそうだ。この状況に機長は離陸不可と判断。「ファーストクラスで乗務員とお客様間でトラブルが発生したため、機長が離陸を拒否」という機内アナウンスが流れたという。

このニュースに中国ネットユーザーからも、「恥ずかしい」や「中国人は一体いつになったらルールを守れるようになるんだ」、「ちゃんとマナーが守れる人が頑張らないと中国人のイメージは悪くなる一方だ」と批判的な声が多数出ている。

なお、KL898便は即刻、空港警備員に通報。6名は警備員により機体から下ろされた。飛行機は6名を残しオランダへと飛び立ったそうだ。

この騒動については警察も把握しているという。警察によると

「確かにこのようなことはありましたが、暴力行為などはなかったと聞いています。言葉の壁がありコミュニケーションがうまくいかなかったため発生したトラブルだったようです。6名は航空会社が手配した別のフライトで旅行を続けたそうですよ」

とのことである。

(文=沢井メグ
参照元:Shina Weibo財経網加拿大家園(中国語)