ある少年に贈られたプレゼントが、現在多くの人に笑顔をもたらしている。

そのプレゼントをもらった少年は、アメリカに住む9歳の男の子。彼は肝臓移植を受け、術後ちょっと気持ちが不安定な状態になっていた。すると、それを見た彼のお父さんがわが子に笑顔を取り戻すため、ある行動に出たのであった。

そう、わが子が大好きなゲーム『HALO』の会社とコンタクトがとれるよう、アメリカ人気投稿サイト「Reddit」に書き込みをし、ネットユーザーたちに協力を要請したのだ。するとなんと! すぐさまHALO開発会社Bungieの、非営利部門「Bungie Foundation」と連絡をとることができたのだ! ネットの力、スゲーーー!

そして今度は、その事情を知ったBungie Foundationがある驚きの行動に出た。なんと! なんと!!  Bungie Foundation代表者がHALOキャラクターが使用しているヘルメットのレプリカを、わざわざ少年のところまで届けに来てくれたのだ。これには少年もお父さんもビックリ仰天!

このときのことをお父さんは、Redditにこう書きつづっている。
「息子はゲーム『Halo:Reach』のCarter(ゲームキャラ名)レプリカヘルメットを見たとき、それはもう、かなり驚いていました」

ファンにはたまらないHALOヘルメットをもらった少年は、自分のところに来る医師や看護師たちに、その最高のプレゼントを興奮気味に見せていたという。これはどうやら一生の宝物になりそうだ。

そしてお父さんが、ヘルメットをもらい大喜びしている息子の写真を「Bungieのみなさんのおかげで、息子に笑顔をもたらすことができました。本当に感謝のしようがありません」とネットに投稿したところ、多くの人の感動を呼んだ。その結果、お父さんのところには「お金の面で助けられることはありませんか?」という内容のメッセージが数多く来たとのことである。

いろんな人の優しさと思いやりが伝わってくる今回の心温まるストーリー。少年が最高のプレゼントをもらい、そのとき見せた満面の笑顔は、これからも関わったすべての人の心に残り、輝き続けていくに違いない。

参照元:Daily Mail, imgur
(文=田代大一朗