working

オフィスからたくさんの人が視聴したりあまりに視聴しすぎて大事(おおごと)になってしまったりと、今や現代男性にとって欠かせない存在となったエロ動画。しかし男性も年がら年中、エロ動画を見ているというわけではない。そう、一年のなかで全然見てない日だってあるのだ!

それでは、その日は一体いつなのだろう? その疑問にズバリ答える調査結果が、このたび海外ポルサイト「Pornhub」によって発表された。Pornhubは2012年のアメリカからの訪問者を分析し、最も視聴回数が少なった日を見つけ出した。以下が、その気になる一年で最もエロ動画が見られていない日ベスト11である。

【一年で最もエロ動画が見られていない日ベスト11】
11位 バレンタインデー(2月14日)
10位 父の日(6月17日)
8・9位 戦没将兵追悼記念日(5月26日&27日)
7位 ハリケーン「サンディ」の影響を受けた日(10月20日)
6位 元日
5位 独立記念日(7月4日)
4位 クリスマスイブ(12月24日)
3位 復活祭日(4月8日)
2位 感謝祭(11月22日)
1位 クリスマス(12月25日)

なるほど。やはりベスト11のほとんどが、休日ということか。みんな家族での団らんや通例行事への参加などで忙しく、エロ動画なんて見ている暇がないということなのだろう。

それにしてもクリスマスが、一年のなかで最もエロ動画が見られていない日No.1だとは、ちょっと意外である。だって、恋人がいないと……そうか! アメリカではクリスマスは恋人のイベントではなく、家族のイベントだった! なるほど、なるほど。

それでは日本でこのデータをとると、いつが最もエロ動画が見られていない日になるのだろうか? 非常に気になるところである。

画像:Rocketnews24
参照元:Daily Mail(英文)