baby

出産は人生の一大イベントである。元気に産まれてくれればそれが一番……と言いたいところだが、もしあなたがサラリーマンで、もうすぐ経営者に子どもが誕生するなら、その性別に注目。産まれた子どもの性別によっては、給料が減ってしまうかも!

最近の研究によると、男性経営者は息子が産まれた場合には従業員の給料を下げ、反対に娘が産まれた場合には給料を引き上げるという。また、父親になったという責任感から、従業員に対する見方にも変化が現れるとか。

■平均すると従業員の給料を0.2%、息子が産まれると0.4%減らす
これは、デンマークにあるオールボア大学のマイケル・ダール教授と、米メリーランド大学のクリスチャン・デジュー教授らが、アメリカ経済学会の年次大会で発表したもの。デンマークで1996年から2006年にかけて、非上場会社1万655社の経営者クラスの男性1万8000人を対象に調査した。

その結果、男性経営者に子どもが誕生した際、平均すると従業員の給料を0.2%、もしくは年間100ドル(約8700円)ほど減らしていることが分かった。さらに、産まれたのが息子だったとき、減額率は0.4%に上昇する。

■男性経営者は自身の給料を、息子が産まれたら6.3%引き上げる
これについて研究者らは、「父親になった経営者は、家族に何かあったときのために、財産を蓄えておかなければと考える」と指摘する。それを裏付けるかのように、男性経営者は自身の給料を、息子が産まれたら6.3%、娘なら3.5%引き上げていることも明らかになった。

■それに対して産まれたのが娘なら従業員への給料アップ
しかし、男性経営者の第一子が娘だったときはラッキーである。女性従業員で1.1%、男性従業員で0.6%、それぞれ給料がアップすると調査結果は示している。女性従業員の方が高待遇なのは、男性経営者が父親になったことで、女性従業員に対する見方が変わり、その能力を評価するようになるからだとされる。

ほかの研究では、娘が産まれると男性経営者は他人に優しくなるという調査結果も。こうなると、「社長にぜひとも女の子を」と願うばかり!?

Photo:Rocketnews24
参照元:Mail Online(英語)