恋愛やスケベに淡々としている男性を「草食系男子」と呼ぶように、肉食は男性の強さやスケベへの意欲と結びついて語られることが多い。野菜よりも肉を食べた方が良いスケベライフが送れると感じている人も実際多いのではないだろうか?

しかし、実は草食の方がベッドで強いという研究結果が発表されて話題を呼んでいる。ウガンダに生息する猿の食生活と性行動を研究した結果によると、より活発な性生活を送るには肉よりも豆腐が効果的であるようなのだ。

これはカリフォルニア州立大学バークレー校の大学院に在学していたMichael Wasserman氏が行った研究によるものだ。Wasserman氏は11ヶ月間にわたって、ウガンダに生息する猿の一種、レッドコロブス猿の性行動や食生活などの行動パターンとホルモン値との関係を調査した。

レッドコロブス猿の狩りやけんかの回数、交尾の頻度、毛繕いに費やす時間などのデータを集めつつ、糞を採取して、ホルモン値を分析。その結果、豆腐と同様に植物性エストロゲンが豊富に含まれるMillettia duraという名の植物の葉を多く食べる猿の方が、性ホルモンであるエストラジオールの値が高いことが判明したのだ。

この葉を多く食べていた猿ほどスケベに費やす時間が長かったという。「植物は人間を含む霊長類のホルモンの値や生殖行動などに影響を与えてきました。進化において重要な役割を担ってきたのです」とWasserman氏は語る。

肉を食べる行為は男らしさや権力、強さのイメージと結びついている。しかし、実際には肉や卵を多く食べると、それらに含まれるコレステロールによって血管が詰まりやすくなり、スケベの時に働く器官への血流も悪くなる。つまり肉を食べ過ぎるとスケベの満足度は低くなるのだ。

これまでの思い込みは捨てて、より良いスケベライフを送るには肉を控えて積極的に豆腐を食べた方がよさそうだ。

参照元:Mail Online(英文)
photo:flickr joyosity