Wii Uにテレビは必要なく、液晶タッチスクリーン付きコントローラ(ゲームパッド)だけでゲームを遊ぶことができる。ゲーム好きならばすでにご存じの情報だと思うが、その「利点」によって「Wii Uの遊びの幅」が広がっている。

・テレビが必要ないということは?
テレビが必要ないので、電源がある場所ならばどこでも遊べてしまう! ゲームパッドがコントローラとテレビの役割をしてくれるので、外出時に持っていくとしても本体と電源とゲームパッドだけでいいのである。あとはゲームソフトを入れて遊ぶだけ。Wii Uを持って外出して新幹線で遊んでみた!

・新幹線でWii Uを遊んでみた
乗車した新幹線は、東海道新幹線のぞみ号N700系。普通の700系は一部の席にしかコンセントがないが、N700系ならば窓側の席にコンセントが設置されている。今回は窓側の席を指定して乗車し、Wii Uの電力をコンセントからいただいた。ちなみに、通常はノートパソコンやケータイの充電などに使用する人が多い。

・思ったよりも荷物にならない
Wii Uを外出時に遊ぶ際に必要なものは、Wii U、アダプター、ゲームパッドのみ。プレイステーション3向けに小型液晶モニターが販売されているが、それで遊ぶ際にはPS3、PS3アダプター、液晶モニター、液晶モニターアダプター、コントローラが必要となる。そう考えると非常にWii Uが持ち出しやすいことが分かるはず。PS3にはPSPを使ったリモートプレイ機能があるが一部のソフトのみ(らしい)。

・なんかすっげーワクワクするぞぉっ!
実際に新幹線に乗りながら『NewスーパーマリオブラーズU』や『コールオブデューティーブラックオプス2』を遊んでみたが、このワクワク感、尋常ではないッ! 移動しながら遊ぶってけっこう楽しい! ニンテンドー3DSと何か違うものを感じる! 何かよくわかんないけど。

・WiFiでネットに繋げれば完璧
新幹線は一部の区間でWiFiサービスを提供している。さらにiPhoneやケータイなどのテザリングを使用するなどして、Wii Uをインターネットに接続することも可能だ。これによってオンラインゲームを楽しんだり、オンライン情報の共有も可能となり、ゲームをより深く楽しむことができるゾ。

・混んでいるときのマナー
これはWii Uに限らない話だが、コンセントは1列に2個しかないため、混んでいるときは他の乗客も使えるようにコンセントの分配機を持参したほうがいい。音は出さないか、イヤフォンまたはヘッドフォンを使用しよう。自分も他の乗客も、快適な旅が楽しめるようにしたいものである。

Correspondent: Kuzo
[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]




▼ソフトのほかに必要なものは本体と電源とゲームパッドだけ。

▼コンセントは壁とか椅子のところにあるぞッ!


▼うおおお!! WiiU起動キターー!!

▼リアルな画質でコールオブデューティーで遊ぶぜーッ!!

▼ディスクを入れ替えてマリオで遊ぶぜーッ!!



▼iPhoneやケータイ等のテザリングでネット接続可能



▼Miiversで他プレイヤーの情報をチェック!


[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]