今や、日本文化の代表ともなった「漫画」。だが、世界各国では様々な漫画文化があることをご存知だろうか。

2012年11月18日に、東京ビッグサイトで行われた「海外マンガフェスタ」では日本以外で出版された世界各国のマンガが集合した。世界では一体どんな漫画が受けているのだろうか。当日出展していたブースで、スペイン、カナダ、台湾、香港、UAEの各国・各地域の漫画事情を聞いてみたぞ! 

まず、世界の漫画には大きく3つの流れがあるようだ。「アメリカン・コミック」(以下アメコミ)、『タンタンの冒険』や『スマーフ物語』で知られるフランス、ベルギー発祥の「バンド・デシネ(ユーロ・コミックス)」、そして日本の「漫画」だ。

・アメコミの影響が強い / カナダ
やはり地理の関係もあり、カナダの漫画はアメコミの影響を強く受けているそうだ。作品もモノクロは少なく、フルカラーが主流である。

・描きこみがハンパない! 繊細すぎる劇画 / 香港
香港の漫画の多くはフルカラーのアクションもの。ぱっと見、アメコミ風だ。

だが絵はアメコミとは一味違う。どちらかというと日本の劇画に近い。『巨人の星』で知られる川崎のぼる先生の影響を強く受けた香港人作家の作品が大ヒットしたため、現在も劇画調が主流なのだという。

だが、日本の劇画と比べて、かなり線が描き込まれており非常に繊細な印象を受ける。一目見て「香港の漫画だ!」とわかるように、独自の漫画文化を形成しているように感じられた。

・今後はバンド・デシネと日本の漫画のイイトコどり!? 日本人も馴染みやすい作風 / スペイン
アート性が高いバンド・デシネ。現在、スペインでは市場としては、バンド・デシネが主流だそうだ。しかし、若者には日本の漫画やアニメも人気。それらを見て育った若手漫画家が、スペイン漫画界に新しい風を吹き込んでいるようだ。

セルバンテス文化センター第1回コミックコンクールでグランプリを獲得した若手漫画家のハビエル・ガルシア・マルティンさんも、影響を受けた日本の漫画として『ナルト』、『ワンピース』、『ドラゴンボール』を挙げている。

・とにかく日本の漫画が大人気 / 台湾
台湾は日本の漫画の人気は絶大。台湾漫画市場の85パーセントは日本の漫画ではないかとのことである。台湾作家への影響も強く、舞台が日本の高校というものもある。

だが、台湾が舞台の作品も着実に増えている。以前、ロケットニュースでも紹介したロリコン化した孫文が活躍する『跳躍吧!大同萌会』もそのひとつ。現地でもヒットしているそうだ。

・独自の漫画文化は始まったばかり / UAE(アラブ首長国連邦)
UAEは、独自の漫画文化はまだ形成されておらず、「漫画」と呼ばれるものはほぼ外国から輸入されたものだそう。特にアメコミが人気とのこと。

だが、2006年に出版経営者カイス・セドキ氏がUAEのオリジナル漫画を作ろうと発起。『ゼルダの伝説』のコミカライズを手がけた姫川明先生に作画を依頼した。

その約3年後、両国のコラボで誕生した『Gold Ring』はUAE初の漫画として刊行され、現地では大変な人気に。また、児童文学賞を受賞し、子どもに読書の習慣がついたと大人からも支持されているという。

今までは、漫画と言えば特定のコンテンツを除き、日本からの輸出ばかりがフィーチャーされてきた。しかし、今後は海外から日本に入ってくることも増えるだろう。例えば、今年、外務省主催の国際漫画賞で最優秀賞に輝いた『ジャイアントキラー』(ケン・ニイムラさん/スペイン)は、日本でも刊行が予定されている。今後は、漫画を通してもっと世界を知ることができるようになるかもしれない。

photo:Rocketnews24.

▼カナダのイラストレーター並里デイビットさん(左)とAgnesさん、デイビットさんの作品はこちらで読めるそうだ

▼Agnesさんのイラストは絵本のように可愛らしいタッチだ



▼こちらが香港の漫画だ

▼繊細ながらも力強い独特のタッチである


▼以前ご紹介した中国腐女子専用の日本語教材もあったぞ

▼スペインの若手漫画家ハビエルさんとその作品


▼同じくスペインの漫画家ケン・ニイムラさん

▼こちらがニイムラさんの作品・戦うウサ耳少女が登場する『ジャイアントキラー』である、早く読んでみたいぞ!



▼台湾のブース

▼「こばやしみお先生」は台湾人とのこと

▼こばやしみお先生の漫画の舞台は日本のようだ

▼こちらは台湾オリジナルの少年漫画で最も売れている作品だそう


▼UAE初の漫画『Gold Ring』

▼フランスの同人サークル「onigiri」のブース

▼onigiriで美麗イラストを手がけるDARAさん