韓国伝統の人糞酒『トンスル』を入手 / 現在も販売されており猫も材料として使用

3年ほど前に「韓国には人糞を材料とするトンスルという酒がある」というニュースが報じられ、日本のみならず韓国にも大きな衝撃を与えた。しかし韓国のメディアやインターネットユーザーらは「昔はあったかもしれない。でも今は存在しない」として、トンスルの存在を認めなかった。

・トンスルは現在も作られて販売されている
材料に人糞が使われているため、食品として抵抗があるのは当然だ。しかし「伝統」という視点から考えると、韓国はトンスルの存在を恥ずかしいと思う必要はない。当編集部は、韓国国内で徹底的にトンスルを探した。そしてついに、トンスルを発見することができた。

・トンスルは店で売っていない
半年間に及ぶ徹底調査により、韓国でトンスルが販売されていることを確認。店では販売されておらず、事前に注文をして「トンスル販売員から直接買う」というかたちでトンスルを入手できるという。

・トラックに乗ったトンスル販売員がやってきた
まずはトンスル販売員に電話で連絡。受け渡し場所の指示により筆者が向かったのは、韓国・釜山から自動車で1時間ほどの晋州市。レストラン『独島』の前で待ち合わせをすることになり、指定の時間に待っていると、トラックに乗ったトンスル販売員のおじさんがやってきた。

・バイヤーとの会話
男性アニョハセヨ!
記者ABアニョハセヨ!
男性私が農作業しているんでね……。あ、これ、2本。7万ウォン。
記者B7万ウォンだそうです。
記者A7万ウォン。
~茶色いトンスルを手渡される~
記者Bあの、白色もあるって聞いたんですが。
男性白はないよ。薬が入っているから白にはならないよ。
記者Bそうなんですか。
男性韓薬(韓方)がいっぱい入っているからこの色になるんです。これ、すごく良い物ですよ。
記者B私も家で作れますか?
男性(自宅で個人が)作るのは難しいです。
記者B難しい? 材料が?
男性材料はうちの子のウンコを250度の電気オーブンで30分焼かないといけないんですよ。そうするとその臭いが……。いくら赤ちゃんのウンコだといっても家でやると臭いがすごく出ます。きっと(あなたが自宅で作ると)隣家が嫌がるでしょう。そして、それを酒に漬けて、少なくとも2カ月以上経たないと飲めません。少なくとも2カ月ですよ。
記者B韓薬も入っているんですよね?
男性韓薬もたくさん入ってます。秦皮(?)、ホンア、猫も入ります。猫はすごく良いんですよ。
記者Bえ? 猫? どこの部分ですか?
男性骨です。骨ですよ。
記者Bえええ!? 骨を……? 昔から?
男性そうそう、昔からの方法です。
記者Bおじさんしか作れないんですか?
男性そうそう。だから(あなたが)家で作るのは難しいんですよ。
記者Aカムサハムニダ。
男性はい。

・人糞だけでなく猫の骨も
手渡されたトンスルはブランデーのような色をしており、にごりはなかった。トンスルのもとにした酒は焼酎。人糞だけでなく、猫の骨も入っているという事実に驚いたが、これも韓国に代々伝わる伝統的なレシピに基づくトンスルの製法なのだろう。

・トンスルにウンコ臭さなし
トンスルの色はウンコを彷彿とさせるが、そのニオイはまったくウンコ臭くない。徹底してウンコの臭いを取り除き、飲みやすくしているのだろう。韓国伝統のレシピを知っている人しか作れないため、やや高額な価格設定(1本35000ウォン / 約2600円)。

・今回の調査でわかったこと
トンスルは今も韓国で作られている
トンスルは今も韓国で販売されている
トンスルを買おうと思えば誰でも買える
トンスルの相場は1.5~2リットルで2600円ほど
トンスルは韓国伝統のレシピで作られているため一部の人しか作れない
トンスルには人間のウンコ以外にも複数の韓薬が入っている
トンスルには猫も材料として入っている
トンスルを作るとき激しくウンコ臭がするため家庭では作れない
トンスルは人間のウンコを250度の電気オーブンで焼いて作る
トンスルは子どものウンコを使う
トンスルは健康に良いとバイヤーのおじさんは言っている

・おじさんは誇りを持って作っている
トンスル販売員のおじさんと少ししか会話をしていないが、その言葉からは自信と誇りを持ってトンスルを作っていることが伝わってきた。腰痛によく効くらしく、「すごく良い物ですよ」とも話していた。おじさんはこれからも、韓国伝統の人糞酒『トンスル』を作り続けていくのだろう。カムサハムニダ。

Correspondent: Kuzo
[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]

▼韓国の釜山市にやってきました。けっこう綺麗な街です。

▼長距離バスターミナルです。ここから晋州市に向かいます。

▼釜山からバスで1時間30分くらい乗ります。風景がのどかで癒やされる。

▼晋州市に到着しました。トンスルの受け渡し場所に向かいます。

▼ここが指定された待ち合わせ場所です。


▼バイヤーのおじさんがトンスルを持ってきました。



▼韓国伝統の人糞酒『トンスル』を入手しました。

▼容器は韓国で市販されている一般的な酒のもの。中身だけトンスルです。

▼この状態で渡されました。

▼茶色のクリアな液体をしていて、まったく濁りはありません。

▼トンスルが入ったボトルのズームアップ。重ねて言いますが容器は市販のもの。

▼コップにそそぎました。

▼お酒の匂いはしますがウンコ臭は皆無です。試飲は後日レポート予定です。

[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]

コメントをどうぞ

トラックバック

  1. […] 韓国伝統の人糞酒『トンスル』を入手 / 現在も販売されており猫も材料と…. […]

  2. […] whole topic of the modern day ttongsul is incredibly fishy. Last fall, Japanese site RocketNews, which has covered the drink numerous times, claimed to have purchased two bottles of ttongsul in a […]

  3. トラックバックURL

みんなのお気に入り