アメリカに過去最大レベルの猛威をふるっているハリケーン「サンディ」。きっとみなさんも、そのひどい惨状をネット上などでご覧になったことだろう。しかしここでひとつ気をつけなければいけないことがある。それは、そのなかに間違った情報があるかもしれないということだ。

実は現在ネット上で、「サンディ」に関するある7枚の偽画像が出回っているのだ。もし以下の7枚の画像がみなさんのところに回ってきたら、他の人に回さないよう注意していただきたい。

【No.1 自由の女神の後ろに大きな暗雲が立ち込めている画像】
現在日本のTwitter上でも、出回っている偽写真。2004年にMike Hollingshead.さんが撮影した写真をPhotoshopで加工した画像である。

【No.2 嵐が吹き荒れるなか “無名戦士の墓” の前で3人の兵士が立っている写真】
ハリケーンが襲ってこようとも、”無名戦士の墓” を守衛し続けるという感動画像として拡散された写真。しかしこの写真は9月に撮影されたものであり、ハリケーンが来ている時に撮影されたものではない。

【No.3 巨大な雲がマンハッタンを覆いつくそうとしている画像】
実は一年以上前に撮影されたものであり、2011年の新聞「Wall Street Journal」に使われた写真でもある。

【No.4 マクドナルドが水没している画像】
2009年に制作されたアート作品を写した画像。

【No.5 自由の女神に大波が襲いかかっている画像】
映画『デイ・アフター・トゥモロー』の壁紙画像。

【No.6 険悪な雲がジョージ・ワシントン・ブリッジに覆いかぶさっている画像】
写真画像代理店「ゲッティイメージズ」が提供している2009年の写真。

【No.7 水没している道路をサメが泳いでいる画像】
2011年にハリケーン「アイリーン」が発生した時も、ネット上で拡散された加工写真。何か大きな災害が起こるたびに、ネット上に登場しているようだ。

いかがだっただろうか? みなさんのところには、上の7枚の写真は回ってきただろうか? 災害の恐ろしさをより多くの人に知ってもらうために、災害画像を拡散したい気持ちはよく分かる。しかしそこは心落ち着かせて、その画像が本当に信頼していいものなのかしっかり確認をとろう!

参照元:Mashable, CBS News, White Shark Trust(英文), Vimeo/Superflex

▼ハリケーン「サンディ」の偽写真7枚はこちら:http://wp.me/p25BsW-16gU

▼【No.1 自由の女神の後ろに大きな暗雲が立ち込めている画像】

▼この写真を加工したもの

▼【No.2 嵐が吹き荒れるなか “無名戦士の墓” の前で3人の兵士が立っている写真】
これは9月に撮影されたもの

▼実際にハリケーン到来中に撮影された写真はこちら

▼【No.3 巨大な雲がマンハッタンを覆いつくそうとしている画像】

▼実は2011年に、新聞「Wall Street Journal」に使われた写真

▼【No.4 マクドナルドが水没している画像】

▼2009年に制作されたアート作品を写した画像だった

▼【No.5 自由の女神に大波が襲いかかっている画像】

▼実は映画『デイ・アフター・トゥモロー』の壁紙画像

▼【No.6 険悪な雲がジョージ・ワシントン・ブリッジに覆いかぶさっている画像】
こちらでご確認下さい
▼写真画像代理店「ゲッティイメージズ」が提供している2009年の写真だった
こちらでご確認下さい
▼【No.7 水没している道路をサメが泳いでいる画像】

▼こちらの写真を加工したものだった。みなさんも騙されないように、ご注意下さい