2011年、人気漫画『ワンピース』の登場人物「ボア・ハンコック」のコスプレをし話題になった台湾美少女がいた。彼女の名はサニー・リンちゃん。

美人でハンコックに激似、しかも爆乳なサニーちゃんはと日本でも話題に。日本のグラビアにも登場し見覚えがある人もいるかもしれない。日本語公式サイトもオープンし活躍が期待されていた。だが、そんな矢先、台湾でサニーちゃんが失踪したと報じられたのである。

サニーちゃんが失踪したと報じたのは、台湾メディアの『ET Today』などだ。ハンコックコスプレが話題となり芸能活動も順調、映画の出演も決まっていた彼女だが、マネージャーによると9月末に本人からメールで契約解除の申し出があったそうだ。

その理由はハッキリわからないが、サニーちゃんは事務所側に「そんな有名になりたいわけではない、それにまだ言っていないことがたくさんある」と伝えたという。

マネージャーのLilianさんは「急なことで驚いています。昨年人気が出たのに自分でスターへの道を閉ざしてしまうのは本当にもったいない、残念です」と話している。

なお、この件について本人からのコメントはないが、中国版Twitter・Weiboでは、「将来について何の計画もありません。ただ喜びを求めたいだけ。それは物でもお金でもなくて、自分の気持ちに素直になって生きていく喜びです」と意味深なつぶやきを書きこまれていた。

この突然のニュースにファンからは

「えっ!? 大丈夫?」
「もしかして引退?」
「まぁそれも賢い方法かもしれない」
「戻ってきて~!!」
「いつまでも応援してるよ」

などと心配するコメントが書き込まれている。

なお、本人のFacebookを確認したところ、10月24日には「みんなありがとう! 安心してください。これは新しいスタートです、私はちゃんと再出発できるよ」との書き込みがされている。

何があったのかはわからないが、心配された芸能界引退ということはなさそうだ。これからも可愛い姿をたくさん見せてほしいぞ!

参照元:Weibo @林采緹、Facebook Sunny Lin 林采緹ET Today(中国語)