10月24日に発表されたアップルの新製品「iPad mini」。この日を楽しみにしていたユーザーも多いだろう。そのiPad miniが発表されて24時間も経たないうちに、お隣中国では早くもパクリ版が発表されたそうだ。その名も「GooPad mini(グーパッドミニ)」!

iPad miniのお値段は329ドル(日本版は2万8000円~)。だが、GooPad miniはなんと99ドル(約7900円)! 99ドルポッキリである。気になるスペックは以下の通りだ!

【GooPad miniスペック一覧】(GizmoChina調べ)
・ボディ:アルミニウムスリムボディ
・ディスプレイ:8インチ、解像度1024×768ピクセル
・CPU:1.4GHz デュアルコア・プロセッサ
・メモリ: RAM 1GB、内蔵ストレージ 8GB
・カメラ:2メガピクセル(メイン・背面)、0.3メガピクセル(サブ・前面)
・OS:Android 4.1 (見た目はiOS6風)
・Wi-Fi対応

以上だ! ドヤ!!

大きさはiPad miniとほぼ同じ。一部、iPad miniよりスペックが落ちる部分もあるが、99ドル(約7900円)ということを考えると十分である。海外メディアも「もしこのスペックが本当なら、この価格は素晴らしい」とコメントしている。

この報道に中国ネットユーザーは

「クソ笑った」
「中国人ヤバすぎ」
「パクリ能力がハンパない(笑)」
「これは傑作」
「だから中国大陸は発売が遅いんだよ」
「どこで売ってるの!?」
「Androidか……ちょっと欲しいかも」

などとコメントがされている。

「欲しい」と言っている中国人ユーザーも多いが、実際に手にとってみないとわからないのが中国のパクリ製品だ。公表されているスペック自体も怪しい。それにしても、「アップルが新製品を出す度に光の速さでパクリを出す中国」はもはや一種のお約束になっている気もする。まったくパクリ大国は予想を裏切らない。

なお、iPad miniは11月2日発売予定だが、GooPad miniは、最も早い予想で10月中、11月には発売されるのではないかと見られている。

(文=沢井メグ)
参照元:GizmoChina駆動之家(中国語)