仕事中にデスクでついウトウトしてしまうというオフィスワーカーの方は必見だ。昼間に襲ってくる眠気は自らの疲労や睡眠不足が原因だと思っている人もいるだろうが、必ずしもあなた自身のせいではないかもしれない。

最新の研究によると、オフィス内の環境が睡魔を引き起こす原因のひとつになっているという。さらに、眠気の誘発と共に集中力や意思決定能力にも悪影響を及ぼしていることが判明したそうだ。

米ローレンス・バークレー国立研究所とニューヨーク州立大学の研究報告によると、仕事中や授業中に襲ってくる睡魔は、オフィス内や教室内の二酸化炭素濃度の上昇が原因になっているとのこと。実験により、二酸化炭素濃度が2500ppmに達すると仕事中のパフォーマンスが著しく低下することが判明したという。

通常、オフィス内の二酸化炭素濃度は1000ppm程度とのこと。これを大幅に超えることはあまりないそうだ。しかし、会議などで閉め切った部屋に大勢の人が集まり長時間過ごすと二酸化炭素濃度は一気に上昇するという。つまり会議中ほど睡魔に襲われやすいという方は、自分の体調よりも環境が原因だったかもしれないのだ。

また、学校の教室内では二酸化炭素濃度が1000ppmを超えることは珍しくなく、時には3000ppmに達することもあるという。ちなみに、屋外の濃度は380ppm程度とされている。

研究者らによると、「室内の二酸化炭素濃度が2500ppmや3000ppmに達したとしても決して健康に害があるわけではないが、集中力や意思決定に支障をきたす可能性があることは明らかになった」とのこと。二酸化炭素濃度を上昇させないためには、とにかく室内の換気が重要だと指摘している。

会議中やテスト中など特に集中力が必要とされるときほど、窓やドアを閉め切って静かな空間を作り出そうとしてしまいがちだが、これが逆効果だったようだ。毎日毎日、仕事中に睡魔と闘っているというみなさん、あなたのオフィスはしっかり換気できているだろうか。

参照元:Mail Online(英文)
photo: flickr star5112