東京・西荻窪のフルーツラーメン専門店といえば『パパパパパイン』だ。パイナップルをメインに、フルーツをラーメンの食材として使用。奇抜なだけでなく、味も一級品で「グルメもうなる美味しさ」を実現しているのがスゴイところ。

・フルーツの酸味を上手にラーメンへ
正直なところ、筆者(私)も最初は「奇抜なだけのラーメンだろうなあ」と思っていた。だがしかし、ラーメンを食べた瞬間にその考えは払拭され、毎日通ってもいいくらいの大ファンになってしまったのである。フルーツの酸味を上手にラーメンに取り入れ、普通のラーメンでは表現できなかった「美味」を完成させたのである。

・炭酸水スープのラーメン
そんな『パパパパパイン』はパイナップルのラーメンを定番として販売しているのだが、期間限定で炭酸水のラーメンを販売しているのだァーッ! 炭酸水、いわゆるソーダ! スープがシュワシュワしてるラーメンなのかッ!? ということで実際に食べに行ってみた。

・炭酸がコクを出す手助けをしている
炭酸水のラーメンは『冷やしパイナップルラーメン 炭酸バージョン』(800円)として販売されている。期間限定で、9月末までの販売を予定しているとのこと。実際に作ってもらったところ、見た目はいつものパイナップルラーメンと同じ。しかし……!

スープを飲んで「ズギュュュュュュュュュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!」と衝撃が走った! 超微炭酸のためコーラのようにジュワーッとはしていないのだが、スープが口の中に流れ込むとピチピチピチッと舌を刺激! その瞬間に酸味の効いたスープに「炭酸の苦味」がプラスされ、化学反応のごとくコクが生じるのだ!

・麺の味が際立つ炭酸パワー
普通のパイナップルラーメンはパイナップルの酸味と甘味を生かし、麺の小麦の味をよりやわらかいものにしていたが、今回は「冷たさ」と「炭酸」によって麺の味が際立つようになった。炭酸によって「甘さが抑えられる効果」が出ている点にも注目したい。個人的な感想だが、筆者(私)からすると定番のパイナップルラーメンより甘さ控えめで好きだ。

・アルコール入りトマトラーメンも
2012年9月22日までの販売ではあるが、トマトをベースに使用した『トトトトトマト』というラーメンが販売されている。スープにはアルコールが入っているためオトナのみが食べられるラーメンだが、もし友だちやカップルで行くという人は炭酸ラーメンとトマトラーメンのふたつを注文してみるといいだろう。しかし『トトトトトマト』は数量限定であり、早く行かないと売り切れる可能性が高いのでご注意を。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 パパパパパイン
住所 東京都杉並区西荻窪南3-12-1 日伸西荻プラザ1F
時間 11:00~20:00
休日 水曜日
Twitter https://twitter.com/#!/paishio

関連記事: パイナップルたっぷりラーメンが激ウマ! パイナップルで煮込んだ煮卵
Correspondent: Kuzo