車を持っている人なら、現在はほとんどがカーナビを付けているのではないだろうか? キャラクターものやリーズナブルなものなど、カーナビも各メーカーが多種多様なナビを作っているが、実際選ぶときに「コレだ!」という機能はあんまり無かったりするもの。

だが、ナビの機能ではなく、ふだんから車の中で聴く音楽がグンと高音質になるナビがあったら? 音にこだわる人であればそれだけできっとメチャメチャ欲しいと思うはず。 そんな人たちにぜひ体験してほしい「オーディオナビシステム」を三菱電機が作ったぞ!

そのナビの名称は『DIATONE SOUND.NAVI』。DIATONEと聞いて「アラ、いいですねぇ」と思った人はきっとカナリのオーディオ通なはず。このナビは32bit高音質D/Aコンバーターや、40bit高精度演算DSP、ローノイズ高音質パワーアンプなど数々のDIATONE技術が込められた部品を搭載。普通のナビでは決して叶えることができなかった、高音質のサウンドを実現したのである。

■左右独立31バンドグラフィックイコライザー搭載
プレミアムモデルにはハイエンドのオーディオでしか使われていない、左右独立31バンドグラフィックイコライザーをカーナビで初めて搭載。これによりこだわりにこだわり抜いた微妙な音質の調整まで可能になるのだ。また、スタンダードモデルでもフロント・リア左右共通の10バンドイコライザーが搭載されているので、もちろん好みの調整が可能になっている。

■2種類のタイムアライメント機能
リスナーと各スピーカーの距離差を調節し、音の一体感を高める「タイムアライメント機能」を搭載。これにより音の一体感と実像感を高めることができたのだが、簡単に説明すると例えば運転席や後部座席など、好きな位置に音が良く聞こえるようにすることができるのだ。一人でドライブしているときは運転席、カップルでドライブ中はフロントに音を集中させるなどの細かい設定も可能である。

■高音域も低音域も音がクッキリ
難しいことを書いてしまったが、つまるところ”音がスゴい”ということである。実際に車の中で音楽を聴いてみたところ、マイケル・ジャクソンの「HUMAN NATURE」だろうがニーヨの「closer」だろうがJUJUや綾香のライブだろうが、どれも素晴らしく高音質で聴くことができた。なかなか文章で説明するのは難しいが、フツーのナビで聴いた直後に『DIATONE SOUND.NAVI』で音を聴くと「あっ、違うな…」と一発で分かるぐらいだ。

■ナビもシンプルで非常に分かりやすい
音だけ良くてナビシステムがアレだとダメだが、ナビも分かりやすく曲がるポイントが理解できるものだ。あまりにナビにこだわりすぎてゴテゴテした見た目だと逆に分かりづらい場合があるが、ランドマークがポップアップで表示されたり、交差点名が大きく表示されるなどポイントを押さえかつシンプルに仕上げているところが素晴らしい。

それでも音質などはいくら説明しても実際に聴いてみないと分からないと思うので、気になる人は9月22日、23日にスーパーオートバックス横浜みなとみらいで開催されるイベントで体験に行ってみるといい。きっと「ウオオオッ!? いつもiPodで聴いてた曲がマジでこんないい音になるのっ?」と思うはずである。遠い人は特設サイトの『CLUB DIATONE』を見ると分かりやすいかもしれない。

記者は残念ながら車を持っていないので『DIATONE SOUND.NAVI』を付けることができないのだが、これからマイカーを購入したりナビを付け替えたいと思っている人はぜひチェックしてほしい。より良い音楽が車の中で聴けたら、絶対に普段のドライブがより一層楽しくて充実したものになると思うぞ。

参考リンク:三菱電機 CLUB DIATONE

▼見よ!この怒涛の31バンドグラフィックイコライザーをッ!!

▼音が良く聞こえる座席を指定することもできますよ

▼ナビも分かりやすい

▼このラグジュアリー感を感じるデザインもステキやん