夢遊病の母親の姿を息子が撮影 → さらにその映像を本人に見せてリアクションも撮影 → 動画が大ヒット

睡眠中、発作的に起き上がって歩きだす “夢遊病” 。歩き回るだけでなく人によっては食事をとるなど、その時の行動は様々だ。ストレスが原因であることが多いため精神療法や薬による治療が必要とされ、決して軽視できるものではない。

そんななか、いま海外ネットユーザーたちのあいだでは、ある夢遊病の女性の様子を捉えた動画「My Mom Sleepwalking (Tomato Cage)」が大きな話題を呼んでいる。撮影したのはこの女性の息子。彼は症状の現れた母親の姿を記録し、後日動画を本人に見せた。その一連の様子が反響を呼び、動画は公開直後から世界中に広まっているのだ。

映像は、キッチンでワルツのように踊る母に対して「何しているの?」と息子が聞くところから始まる。母は「特別な暗号よ」とだけ答え、軽快なステップを踏み続ける。

その後、彼女は「トマト・ケージを開けようとしていたのよ。特別なことなの。でもトマト・ケージは開かなかったわ」と語っている。彼女の言う “トマト・ケージ” とは、トマト栽培に使用するワイヤーでできた支柱のこと。

母親の言動に対し理解に苦しむ息子が「で、トマト・ケージはどこにあるの?」と聞くと、「ある場所よ。いろんな方法を試したけど、全然開かないのよ。ムカつくわ」と、どうやら苛立っているようだ。最後に何かのポーズをとり、彼女はキッチンを去って行った。

そして後日、息子がその時の様子を母に見せて彼女の反応を撮影したのが動画「Mom’s Reaction to her Sleepwalking Video」である。無意識のうちにとった自分の言動に、彼女はただただ驚きを隠せない様子だ。踊る姿にはもう笑うしかない状況のようだ。その横で息子は終始大爆笑。笑いが止まらなくなってしまっている。

一連の動画はYouTubeにアップされるとすぐに話題となり、1本目は公開から4日間で再生回数112万回、2本目は200万回を超えている。ネットユーザーたちからは、「これは笑った!」「夢遊病は深刻なものだけど、この親子が人生を楽しんでいる様子はなんだか素敵」「お母さん、ナイス・リアクション!!」などのコメントが寄せられ大人気のようだ。

ただ冒頭でも述べたとおり、夢遊病は睡眠時に起こり本人の意識がはっきりしていないため、時として大きな事故につながることもあるようだ。また、朝起きたとき本人は覚えていないため、家族の適切な対応が重要とのことである。

参照元:YouTube stillsoundlyawake1stillsoundlyawake2Mail Online(英文)

▼こちらが1本目の動画。夢遊病の症状が現れた母親の様子

▼こちらが2本目。自らの踊る姿に驚く母親のリアクションを撮影

コメントをどうぞ

トラックバック

  1. トラックバックはまだありません。
  2. トラックバックURL

みんなのお気に入り