【StarWars 特集】スターウォーズの舞台になったアナキンの住む奴隷居住区に行ってみた

映画『スターウォーズ』の舞台となった惑星・タトゥイーン。砂漠が広がる乾燥した惑星だ。いまの地球の科学からすると「まさに未知の惑星」といった感じだが、タトゥイーンのほとんどは地球の実在する場所で撮影されたのである。その場所とは……?

筆者は実際にタトゥイーン星として撮影されたアフリカ大陸・チュニジアに出向き、そのロケ地を撮影してきた。スターウォーズキャニオンルーク・スカイウォーカーの家も、すべてチュニジアで撮影され、行けば誰でも見ることができる(かなり行きにくい場所だが)。

今回は、アナキンが母親と暮らした奴隷居住区を紹介したいと思う。そのロケ地はチュニジア南部のクサールハッタダ。もともとチュニジアの原住民が住んだり倉庫として使用していた住居を奴隷居住区として映画で撮影。実際の住居とセットとCGの合成により、奴隷居住区が作られたのである。

クサールハッタダはとても行きにくい場所にあり、チュニジアという国自体がさほど観光客が多いわけではないのもあって、『スターウォーズ』の撮影地ではあるが訪れる観光客は少ない(しかし例外としてルークの家だけは多くの観光客が訪れている)。

このロケ地には、クワイ=ガン・ジンがアナキンの母親にジェダイとしての素質があることを語り、母親がその運命を受け入れるシーンが撮影された。また、子どものころのパドメとアナキンが一緒にいるシーンもここで撮影された。実際にブルーレイやDVDの映像と写真を見比べてみるといいだろう。クサールハッタダの映像にCGがプラスされているシーンもあるので見逃さないようにしよう。

ちなみに、クサールハッタダには「ダースベーダーさま」がまつられており、ここにきた観光客はみんなダースベーダーさまを見学していく。売店で働くニーチャンが設置したようだ(観光地としては珍しく、ボッタクリじゃないスターウォーズ好きの好青年である)。

・今回ご紹介した映画のロケ地
場所 Ksar Hedada
住所 チュニジア南部クサールハッタダ Ksar Hedada
交通 自動車をチャーターもしくは飛行機

Correspondent: Kuzo
[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]

[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]

コメントをどうぞ

トラックバック

  1. トラックバックはまだありません。
  2. トラックバックURL

みんなのお気に入り