【画像あり】世界中に拡散した「性器丸見えコスプレ」をした女子が活動を再開 / 事件の真相も激白

7月に中国上海で行われたゲームショーで、あまりにも過激な性器スケスケのコスプレをした女子がいる。彼女の衣装からは布を通してではあるが性器が丸見え状態。そのためイベント関係者から退場を命じられてしまったというのだ。問題の写真は世界中に拡散し、話題となった。

・「性器丸見え」コスプレ事件
彼女の名前は李玲(リー・リン)ちゃん。李玲ちゃんは中国最大のゲームショー『ChinaJoy 2012』にゲームメーカーのコンパニオンとして参加。その際、聖闘士聖矢のアテナ(沙織)のコスプレをしていたのだが、衣装のスカートが短すぎたため下着が丸見えに。さらにその下着が透ける素材だったため、性器がクッキリと見えてしまう事態に……。彼女の新しい写真と情報が入ってきた。

・衣装のサイズが爆乳ボディに合わなかったらしい
李玲ちゃんによると、アテナの衣装は会社側が用意したものだったそうだ。一度も衣装合わせをしないままショーの当日を迎えたものの、直前になりスカート丈が短すぎることが判明。どうやら爆乳すぎてスカートの裾がズリ上がってしまったようである。

本来は、スカートの下に下着が見えないようスパッツをはく予定だった。しかし、ズリ上がったスカートからはスパッツは丸見えだ。それを「衣装の色と合わず美しくない」とスタイリストが指摘。そうこうしているうちに出番になり、あわててスパッツを脱いで舞台に上がってしまったのだそうだ。

彼女は当時はあまり深く考えていなかった、ステージに穴をあけないことが一番重要だと思った、と述べている。その結果が性器丸見え事件である。

・「丸見えアテナ」として有名に
結局「ひわいすぎる」と判断され、主催者から退場を命じられた李玲ちゃん。その後のステージも全てキャンセルとなった。しかし、皮肉なことに「丸見えアテナ」として彼女は一躍有名人となることになった。とはいえ、彼女自身「性器丸見えコスプレ事件」と向き合うにはまだ少し心の準備がいるそうだ。

事件後マネージャーが辞めて完全フリーになるなど波乱がありつつも、李玲ちゃんはセクシーコスプレの撮影会を開いたり、ネットで写真をアップしたりと精力的に活動している。その理由について彼女は「女性も自立しなければならないと思います。そのためにはまず経済的に自立しなければなりません。だから若い “資本” があるうちにお金を稼いでおきたいんです」と話している。

今後は、セクシーなセーラームーンに挑戦したいとのこと。「きっと皆さんに満足いただけると思います」と自信満々だ。

参照元:ET Today(中国語)、Weibo @angel宝貝歪歪

▼事件後、彼女がネットにアップした写真。お元気そうで何よりである

コメントをどうぞ

トラックバック

  1. トラックバックはまだありません。
  2. トラックバックURL

みんなのお気に入り