2012年8月25日から26日かけて、日本テレビで放送された番組 『24時間テレビ 愛は地球を救う』。これは毎年夏に行われる人気のチャリティー番組で、今年はプロレスラーの佐々木健介さんと北斗晶さん家族がリレーマラソンに挑戦。家族全員で努力し走る光景は、多くの視聴者を感動させた。

番組による募金についても2億8千万円を超える金額が集まり、24時間テレビは今年も大成功のうちに終わったように見えた。だが、番組内でのコーナーのひとつである『超絶!朝まで嵐にしやがれ007』で出題されたクイズの設問が、「特定の芸人に対するいじめなのではないか」とネット上で物議をかもしているのだ。

その設問とは、芸人の「我が家 杉山を本気で大嫌いな芸人は?」といったもの。芸人が集まるバラエティー番組ではよくある内容だが、番組の趣旨がチャリティーだっただけに視聴者からは「いじめではないか?」や「番組にふさわしい内容なの?」といったコメントが続出。杉山さんを嫌いだと言った平成ノブシコブシの吉村さんのブログは、現在大炎上している状態となっている。

確かに番組では吉村さんが杉山さんに対し、「(杉山さんが先輩だから)挨拶を丁寧にしているのに無視される」といった理由で杉山さんを嫌いだと発言していた。また、その流れで吉村さんは「杉山さんが九州に左遷される」とまだ我が家が所属しているプロダクションからも正式に発表していないことまで口をすべらせてしまったようだ。吉村さんは番組内で暴露してしまった理由について「カッとなっちゃったのよ」と話している。

しかし “九州へ左遷される” ことについては、後日我が家からマスコミに対して「左遷ではなく、福岡で我が家や杉山さんの成長のために行く」とコメントしており、正式に左遷ではないことを伝えている。だが、まだまだ炎上が収まらないのが平成ノブシコブシ吉村さんのブログや、インターネット掲示板である。

吉村さんのブログにはファンから気にすることはないとフォローする声がある一方で、「本当最低……」や「これであやまったつもりかよ 九州の人にもあやまれ 許してもらったからそれでえんかい 芸人やめろ」など、厳しい意見も続出。さらにインターネット掲示板には「何にしても24時間TVでやる内容じゃない。趣旨が正反対すぎる」や「いじめにしか映らんと思うぞ」と、番組の趣旨と違うといったことや、いじめにしか見えないという意見もあった。

確かにネットユーザーのいうように、善意の募金を集める番組で嫌いな人を発表するコーナーを作ったのは、視聴者にあまり良くない印象を与える可能性もあっただろう。もちろん芸人同士のかけあいなのでそこまで真剣にならなくても良いという声もあるが……あなたはどうお考えだろうか?

参照元:「平成ノブシコブシ」吉村崇公式ブログ