アメリカのサンディエゴで、2012年7月4日の独立記念日に「Big Bay Boom」というイベントが開催された。総費用約2800万円とされるこの「Big Bay Boom」は、アメリカ最大規模の花火大会として知られており、当日50万人もの人が花火を楽しみに会場に押しかけた。

当初の予定では愛国的な音楽にシンクロさせながら、2万発の花火を17分間かけて打ち上げる予定であった。しかし花火大会が始まる午後9時の5分前に、事件は起こった。

なんとコンピュータの誤作動により、2万発の花火が “15秒” で全て打ち上がってしまったのだ! これには観客もビックリ!

その様子が「San Diego Fireworks 2012, LOUD and up close」という動画に映されているのだが、またたく間に打ち上げられる2万発の花火の迫力がハンパない! 恐らくこれほど迫力のある花火は見たことがないだろうというくらい、その花火の光の強さ・音の大きさには目を見張るものがある。

ということで、みなさんにもぜひご覧になって頂きたい。ちなみに現地のニュースでは、この事故に多くの人が肩を落としたと報じられているが、動画を見ると「ウォーー!」と歓声を上げている人も見受けられる。どうやら今回の花火に対する満足度は、人それぞれだったようだ。

(文=田代大一朗

参照元:YouTube/danwroy, Andrew92106, Reuters, latimes.com(英文)

▼こちらがその動画

▼今回の花火を遠くから撮影した動画。こう見ると、とっても綺麗!