衝撃的なニュースが飛び込んできた。滋賀県大津の中学2年男子がいじめを受けて自殺した問題で、デヴィ夫人が大胆な行動にでて話題になっているのだ。なんと、いじめたとされる男子や親や教師の本名と写真をブログで公開しているのである。

テレビの報道番組が「いじめに関係したとされる少年たち」の実名を誤って放送してしまい、インターネット上で広く拡散。それが発端となり、ブログや掲示板には少年や親たちの名前や写真が多数掲載される事態に発展しているが、デヴィ夫人のような著名人がブログに「そのような情報を掲載する」というのは異例の出来事といえる。デヴィ夫人はこの件に関して以下のようにコメントしている。

・デヴィ夫人のコメント(一部引用)
この少年らは自殺教唆罪、傷害罪、窃盗罪、恐喝罪などのとんでもない犯罪を犯しているのです。この罪深い悪童連どもを即刻少年院へ送るべきです!! 転校、退学なんて生ぬるいことでは決して許されない!! この加害者少年たちを 注意するどころか一緒になって嘲笑し「やりすぎるなよ!」とまで言っていたとんでもない教師の○○○。ハングルが得意な人権教育のエキスパートなのだそうです。とんだエキスパートがいたものです。皆さんこれらをご覧になってどう思われますか? ご意見をお聞かせ下さい(引用ここまで / 伏字は当編集部によるもの)

デヴィ夫人の怒りはマックス状態になっているようだ。しかし、未成年の名前や写真を掲載していることに問題視する声もわずかながら出ている。また、その記事にはまったく関係ない人物の写真が掲載されていたり、間違った情報が掲載されている点もあるようで、誤情報が拡散されるのではないかという不安の声も出ている。皆さんは、今回のデヴィ夫人による大胆な行動、どのように受け止めるだろうか?

参照元: デヴィ夫人の公式ブログ