これほどまでに気味の悪い絵画があっただろうか。

この絵画見た方の多くは、きっと電車のなかでも会社でも、上司と飲んでいるときでさえも、気になって気になって仕方がなくなってしまうはずだ。

それは数人の女性が描かれている1枚の絵である。女性たちはそれぞれ様々なポーズをとり、それぞれに違う洋服を着ている。一見、70年代ファッションブランドの広告などにみえるのだが、実はそうではない。

この絵には、上下ふたつにわける線が引いてある。上の部分のみをヨコにスライドさせてみると、とあるポイントで上部と下部の絵柄が合致するようになっているのだ。

スライドをして上下を合わせてみると、ここで初めてとんでもないことに気づく。

スライドさせる前の女性の人数は14人だったにもかかわらず、その後では、なんと15人に増えているではないか! ……え、数え間違え? そう思って何度数えてみても、やっぱり! 1名増えている。数え間違えでもなんでもない。いったいどういうことなのだろうか。

このミステリーのカギを解くポイントだが、リボンや中央付近にいる女性に注意してみてみよう。みなさんには説明がつくだろうか?

思わずマジマジと見てしまう、このだまし絵。眠いときにはお目覚効果抜群です!

参考元:moillusions.com(http://goo.gl/zl5vK

▼この画像を紹介していたサイトの読者は次のように推理しているが、
「うまく説明できない」などと前置きしている

▼さて、みなさんはわかっただろうか?