FacebookやTwitterに代表されるSNSのプロフィール写真にどんなものをお使いだろうか? 自分の写真を載せている人も多いだろう。特に女性はSNSのプロフィール写真はとっておきの1枚を用意する傾向が強い。とっておきすぎて、実物とかなり印象が違うこともある。

ある男がFacebookで見つけた美女に一目ぼれ、相次ぐストーカー行為の末逮捕されるという事件が起こった。容疑者は逮捕後、初めて実物の女性の顔を見たところ「本人は写真と違ってブサイクだった」と後悔の念をにじませているという。

2012年1月、台湾新北市に住む張明義容疑者は、Facebookで見かけたある女性に一目ぼれをした。彼女のプロフィールは「既婚」との表示。子どももいる。だが張容疑者はそれには構わず、Facebookへメッセージを送り続けた。

また女性の携帯電話の番号も入手。何度も交際を迫る内容や、「今よりいい仕事を紹介する」と気をひこうとするメールを送りつけたそうだ。同時に女性の内縁の夫にも嫌がらせを行った。

そしてついに、張容疑者と女性の夫が話し合いを行うことになった。お互い数名の友人を連れてきている。まさに決闘だ。張容疑者は改造したモデルガンで女性の夫を撃とうとしたが、弾がつまり失敗。そのまま友人を置いて逃走した。

それから約1カ月後に張容疑者は逮捕された。逮捕後、張容疑者は女性に初めて会ったそうだ。実際に本人に会ったところ「実物は写真ほどキレイじゃなかった……後悔している」と、なかば騙されたかのような言葉をもらしたという。

写真を確認したところ確かにかなり印象が違う。撮影の角度のせいかもしれないし、メイクのせいかもしれない。画像加工をしたという可能性も否定できない。

だが、この件に関しては、たとえSNSのプロフィール写真が別人レベルであったとしても、女性に罪はない。女性とその家族の身が無事であったのは、不幸中の幸いである。それにしても容疑者の「後悔している」の真意はどこにあるのだろうか。事件を起こしてしまったことへの後悔、そして二度と犯罪を起こさないことを願いたい。

参照元:ETToday(中国語)

▼プロフィール写真(左)と本人の写真(右)、印象が違うのはストーカー行為に悩まされたいたためとも