世界の歌姫レディー・ガガが、石川県加賀温泉の観光ユニット「レディー・カガ」にクレームをつけていたことが判明。これによりインターネット上に公開したPR動画の差し替えと、多額の金銭を支払う可能性があるという。どうして今になってレディー・ガガレディー・カガに苦情を訴えたのか。このことにレディー・カガ側レディー・ガガ側の対応に困惑しているという。

東京スポーツWebによると、同紙の取材でレディー・ガガからレディー・カガがクレーム受けていたことが明らかになった。レディー・ガガは、大の日本びいきとして知られており、人気トーク番組『徹子の部屋』に出演した経験を持つ。また、震災後に日本を訪れ、震災復興の親善大使としての役割もはたしている。

それがなぜ、今になってレディー・カガにクレームをつけたのだろう。レディー・カガ側はPR動画を差し替えるとともに、多額の金銭の支払いを行わなければならない事態となったようだ。

どうやら日本びいきであることと、パロディへの対処は別もののようである。レディー・カガは「レディー・カガ」名義で活動を継続できるのだろうか? 非常に気になるところである。

Illustration:Rocketnews24
参照元:東京スポーツWeb