中国で中華が爆発するというショッキングな事件が起きた。中国に行ったことがある人なら見たことがあるだろう。中国国旗の色・赤に力強い筆致で「中華」の字。中華とは中国を代表するタバコだ。海外へのお土産としても人気の品である。

価格は庶民が吸うタバコの10倍以上という信頼の超高級品でもある。その中華が吸っている途中、突如爆発した。

爆発被害に遭ったのは浙江省で野菜を売って生計を立てている呉さん(69才)。彼はこの日もいつも通り仲間と野菜を売りに出た。

しかし、その日は売り上げが良くなかったそうだ。ムシャクシャした気分を落ち着けようとタバコ「中華」に火をつけた。一口吸うと胸がスーッとする。うまい。さすが高級タバコだ。そしてもう一口。すると……誰が想像しただろうか手に持っていた中華が激しい破裂音とともに爆発した。

呉さんのタバコを挟んでいた指は4針を縫う重傷。「指が吹っ飛んだ」と報じられている。どの程度吹っ飛んだのかはわからないが入院中の姿は痛々しい以外の何ものでもない。

中華は1箱50元前後(約620円)。街で売られているタバコが5元前後(約62円)であることを考えれば、中華は高級品中の高級品だ。呉さんも1本1本大切に吸っていたという。その憧れのタバコが流血の惨事を引き起こすとは。

なお爆発した中華は仲間が息子の家から持って帰ってきたものとのことだ。それにしても「国煙」とまで称される高級タバコがなぜ爆発してしまったのだろうか。現在、成分を鑑定中とのことである。

参照元:Sina Video
[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]

[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]