日本、中国、台湾それぞれが領有権を主張する尖閣諸島。先日、東京都の石原都知事が尖閣諸島を東京都が購入するとした発言が話題になっているが、スポーツの世界にまで飛び火したようだ。

中国で行われたサッカー・アジアチャンピオンズリーグの試合で中国側のサポーターが「尖閣諸島は我々のモノ」という横断幕を掲げたのである。しかし、なぜか同時にセクシータレントの名前を掲げ「蒼井そらは世界のモノ!!」とも主張していたのである。

謎の横断幕が掲げられたのは、4月17日に行われたサッカー・アジアナンバー1のクラブチームを決める「アジアチャンピオンズリーグ」の広州恒大vs柏レイソルの試合だ。
広州恒大サポーターの横断幕にはこう書いてある。

「尖閣諸島は我々のモノ! 蒼井そらはみんなのモノ!」
「尖閣諸島は我々のモノ! 蒼井そらは世界のモノ!」

蒼井そらさんは元AV女優でセクシータレントだ。現在、日本を中心にアジア各国で活躍中。特に中国での人気は目をみはるものがあり、中国版Twitterでのフォロワー数も日本人の中ではダントツだ。ある意味中国で最も注目されている日本人とも言える。

彼らが蒼井さんのことが大好きなのはよくわかった。蒼井さんの魅力を独占するでなく世界中で共有したいというのもよくわかった。むしろ蒼井さんの話題においては分かり合えそうな雰囲気さえかもし出している。

なんだか政治的な主張というより、先の石原都知事の発言を受け話題に乗ってみただけという気もするが……。チャイナジョークなのか政治的な主張なのか。実際に聞いてみないとわからないが、スポーツは純粋に応援をしたいものだ。ちなみにこの試合は3-1で柏レイソルが広州恒大に敗れている。

参照元:tt.mop(中国語)
[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]

▼ご丁寧に日本語つき

[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]