たいして食べられないのに食べ放題が大好きな男・佐藤英典記者。彼はたいして食べられないのに「食べ放題」や「大盛り」が大好きで、どんな店に行っても鬼のように食べまくることをモットーとしている。

今回、そんな彼が「ビビンバ食べ放題の店で巨大ビビンバに挑戦してみた」。ビビンバ食いてぇぇぇぇぇーーーッ! ムショーにビビンバ食いてぇぇぇぇぇぇぇぇえーーーーッ! と興奮する佐藤記者が向かったのは、東京・大久保の韓国料理店『味ちゃん』。はたしてどんなビビンバなのか!?

『味ちゃん』では、ランチタイムに限ってビビンバ食べ放題が可能とのこと。しかも525円と激安! つまり525円さえ持っていけばどんなに大盛りにしようがビビンバ食べ放題なのである! キタァァァァァアアアアアアアアアーーーッ!

『味ちゃん』のビビンバ食べ放題のシステムはシンプル。店員さんに「ビビンバ食べ放題したいデス♪」と言うと、大きな金属製のボールを渡される。そのボールに、テーブルに置かれているライスやビビンバの具を盛りつけるというわけだ。食べ残さなければ、いくらでも食べていい。本当にビビンバ食べ放題ッ!

佐藤記者は豪快にライスをボールに入れ、大量のキムチを投入! そしてモヤシ、海苔、人参、温泉卵などをガンガン盛りつけていく! もともとボールが大きいので、いくら盛りつけても「あまり大盛りに見えない」。佐藤記者は「大盛り料理は見た目も重要じゃい!」と言い、ガンガン盛りつけていく。さすが男だ!

自分で盛り付けたビビンバをガンガン食べまくる佐藤記者。「今朝は朝食食べてないから、こんなのは朝飯前だよ」と言い、グチャグチャに混ぜたビビンバを口のなかに放り込む! まるで母親のオッパイを吸いまくる乳飲み子のように、尋常じゃないスピードで食べまくる! ついにグルメの神が降臨したのかァーッ!

……しかし、あまりにもキムチを盛りすぎたせいで後半になってから食が進まなくなった佐藤記者。ときおりダンマリしたり、うつむいたり、しきりに念仏を唱えるようになった。大丈夫なのか? ここには「絶対に残さないこと」というルールがあるのだぞ!?

食べはじめてから数十分後、ついに佐藤記者がすべてのビビンバを完食! やればでる子キターーーーーーーー! しかもこれで525円なんだから最高だ。野菜も卵もご飯もたっぷりと食べられるし健康にイイ。皆さんも、ぜひビビンバ食べ放題にチャレンジしてみてほしい! けっこう美味しいんだゾ♪

Photo: RocketNews24.