4月は出会いの季節! 男子も女子も新たな出会いに胸がワクワクしている人は多いと思いますが、暖かくなってはじけすぎると女子にひかれることもあります。

でも、あんまり女子と話したことがない男子にとってどういった態度がNGなのかかわからないもの。今回はテレビリサーチ会社フルタイムの会員にアンケートを取り、実際にあった「こういった男はマジで気持ち悪い」という例を教えてもらいました。

かなり具体的な答えがかえってきたので、気になる男子はいまのうちにチェックしておいてくださいね。

■女子が思う「こういった男はマジで気持ち悪い」

「鼻くそをほじって食べていた人。生理的に無理。」(15歳・学生)
「アンガールズの田中さんみたいな人。髪の毛が脂ぎってて、挙動不審な感じの動きをする。何をしゃべっているのかわかりづらい。」
「ご飯を食べている時に、「クッチャクッチャ」と音を立てて食べているとき、気持ち悪いと思った。」
「ブサメンが「女の子が一番かわいいと思う表情は、エッチしている最中にゆがめている顔だよね!」って言われた時。鳥肌モンでした。」
「好きな人の日焼けの皮を、机のビニールクロスの下に隠し持っていた人があった時。」
「タイに一人旅してた時に出会った、現地に住み着いているジャンキーの日本人で、見た目もすっごくブサイクなのに、自分の事を人生経験豊富でかっこいい男と勘違いしてて自慢話ばかりしてきた。しつこい!ついてくるな!と何度も断っているのに、しつこくナンパしてきて30分くらいずっとついてきた。」
「顔はイケメンなのに行動や言葉が気持ち悪い。自分の自慢や、彼女がかわいいなどの自慢しかせずレベルが低い。自分に満足していてこちらの話をきかない。そういう人に気持ち悪さを感じます。(苦笑)」
「エッチなメールをたくさん送りつけてくる人」
「足のにおいやおならのにおいを嗅ぐ様に強要してきたとき」
「電車のなかでハゲた親父にずっと「あほ」って言われ続けた。気持ち悪い顔してるし、言われる意味がわかんないし、気持ち悪かった。」
「暑くも無いのに常に汗をかいている小太りな人」
「バンドのおっかけで、大きなリュックと大きな一眼レフのカメラを持ちありったけのCDやDVDを持って来て全部にサインをして貰い、メンバーに貢ぎ物をするのが生きがいで女性がいても目もくれない奴。」
「鼻の下をペロペロなめている人。マジドン引き」
「バラの花を1本持ってきた」
「若かった頃、喫茶店でパフェを食べている時に男性の同僚に「チェリー食べてみて」と囁き声で、何度もしつこく言われた時。私がその意味を解らないとでも思っていたようで、ますます気持ち悪くなった。一応同僚だから鼻で笑っておきましたが、もちろんチェリーは食べませんでした。」
「二人で絵画展を観に行った時のこと。男性の裸体の絵を観ていたら、彼がいきなり私の手をとってその絵の陰部の箇所を触らせたのにはかなり驚いた。「マジで気持ち悪い男」と思い、縁切りした。」
「出張旅費をごまかし、会社の経費で風俗店に行った男性社員。」
「義理の兄。チビでデブで性格の悪さはもう最高。デカくて見にくい顔、ボンレスハムのような脚、おなかの出っ張り、全て気持ち悪い。以前働いていた会社のTVCMを観るたびに「ボクの会社」と言って自慢をしていた。それは現在日本で一番悪名高くなってしまった某会社で、TVCMも一切やらなくなってしまいました。」

協力:株式会社フルタイム