人類の歴史において科学の進歩は常に兵器の研究と密接な関係にあった。今、ロシアで世にも恐ろしい新兵器の開発が着手間近であるらしい。

その名も「ゾンビガン」。撃つと対象の中枢神経系統に影響を及ぼし、運動能力を失わせ、人を生ける屍(しかばね)、まさしく「ゾンビ」のようにしてしまうというのだ。関係筋が明かしたところによると、先日、ロシア大統領に再選したばかりのプーチン氏が「ゾンビガン」の開発を承認する見通しであるという。

ゾンビガンは電磁波を使って人の中枢神経系統に直接影響を与える武器である。プーチン氏は以前から電磁波を利用したハイテク武器の開発を思い描いていたそうだ。「政治的、軍事的な立場から見て、このハイテク武器系統の威力は核爆弾にも匹敵する」と語ったという。

ある研究によると電磁波低周波は人の心理状態を変えたり、暗示を与えるなど洗脳が可能、高周波は人体に直接影響を与えるそうだ。電磁波兵器は冷戦の時期に、アメリカと旧ソ連それぞれが秘密裏に研究を進めていたとされている。旧ソ連の研究は相当進んでいたらしい。

アナトリー・セルジュコフ国防相によると2011年から2020年にかけて電磁波兵器を含む複数の新兵器が導入される計画があるそうだ。ゾンビガンの開発・導入もこのプロジェクトの中に入っていると見られている。

ゾンビガンについてこれ以上の詳細は明かされていない。2020年頃に実用化されるのではと報じられているが……いずれにせよ実現すれば大変恐ろしい兵器である。

photo: Wikimedia Commons
参照元: ET Today(中国語)