悪い行いばかりを生前にしていた人が行くといわれている『地獄』。かなりの悪行を積まないとさすがに地獄行きは無いだろうと思っている人は多いかもしれないが、実はどんなに善人でもほぼ確実に地獄行きが決定していることが判明した。

「えっ、俺何も悪いことしてないよ!」と言われてももう手遅れなのだ。だいたいの人間は地獄に落ちるということは、地獄について詳細に書いてある書物「正法念処経」を読めば明らかである。

この「正法念処経」にはもっともレベルの低い地獄である『等活地獄』から、ハンパない罪人が落ちることになる『阿鼻地獄(無間地獄)』まで8つの地獄があることが記されており、各地獄にはそれに当てはまる罪を犯すと入ることになるそうだ。地獄の種類について以下に記載するので、自分がその罪を犯していないかビクビクしながら見てほしい。

■等活地獄(地獄レベル1)罪状:殺生
この地獄には、いたずらに他の生き物の命を奪った人間が入ることになる。それは蚊などの虫でも一緒で、懺悔しなければ必ずこの地獄に落ちるという。つまり、過去に飛んでいる蚊を潰したり、ゴキブリを殺虫剤で殺してホッするような外道は、もれなくこの等活地獄行きである。

この地獄に落ちた人間は他の罪人を見ると怒りの感情が沸き、なぜか持っている刀や鉄の爪などで殺し合いをしなければならない。死んでも涼しい風が吹き、獄卒(地獄の看守)の「活きよ、活きよ」との声でまた復活して殺し合いをしなければいけないのだ。ちなみに殺し合いに参加しなくても獄卒に襲われるという、バトルロワイヤル地獄なのだ。

この地獄の拘留期間は、人間界の時間で1兆6653億年。レベル1の地獄ですら、転生には果てしない時間がかかる。

■黒縄地獄(地獄レベル2)罪状:殺生、盗み
この地獄には、殺生にくわえて盗みを重ねた人間が入る。スーパーで万引きをするような人はもちろん、人の物を借りパクしたりするような極悪人もこの黒縄地獄行きである。

ここでは罪人は熱く焼けた鉄の地面に倒され、熱く焼けて焦げた黒い縄を置かれ、更にそれに沿ってまたまた熱く焼けた斧や鋸で肉を削られたりする。この地獄の苦痛はレベル1の統括地獄に比べ、10倍の苦痛があるそうだ。

ちなみにここに落ちた人間が転生するには、約13兆年ほど地獄にいなければならないらしい。

■衆合地獄(地獄レベル3)罪状:殺生、盗み、邪淫
この地獄には、前に述べた罪状のほかに邪淫(みだらな行い)をした人が入る。浮気をしたり人前でエッチなことばかり言っているドスケベは、この衆合地獄行きである。

ここでは剣の葉を持つ林があり、そこの木の上には美人がいる。その美人に罪人は誘惑して招かれるのだが、登ると今度は木の下に美人が現れ、その昇り降りのたびに罪人の体から血が吹き出し、なぜか出てくる鉄の巨象に踏まれて押し潰されるそうだ。

この衆合地獄、前の黒縄地獄の更に10倍の苦痛があり、106兆5800億年もいないと転生できないらしい。転生させる気無いだろ……。

■叫喚地獄(地獄レベル4)罪状:殺生、盗み、邪淫、飲酒
この地獄には、レベル3の罪状のほかに飲酒をした人が入る。飲酒しただけでエッチなことをした人よりレベルの高い地獄に行かなければならないなんて不条理だろ!と思う人は多いだろうが、そういって歯向かう人は更にレベルの高い地獄に行くことになる。(後に記載)

ここでは熱湯の大釜や猛火の鉄室に入れられ、頭が金色で目から火を噴き、赤い服を着た巨大なバケモノ獄卒が罪人を弓矢で射ったり、焼けた鉄の地面を走らされ、鉄の棒で打たれたりするらしい。

何回も言うのが疲れてきたがこの叫喚地獄は前の衆合地獄より更に10倍の苦痛があり、852兆6400億年もいないと転生できない。

■大叫喚地獄(地獄レベル5)罪状:殺生、盗み、邪淫、飲酒、妄言(嘘)
この地獄には、レベル4の罪状のほかにうそをついた人が入る。誰しも1回ぐらい嘘をついたことがあると思うが、もうその時点でこの激ヤバ地獄行きが決定である。

ここはほぼ前の叫喚地獄と一緒の拷問が行われるようだが、拷問で使われる鍋や釜が更にバージョンアップしてデカくなっており、また10倍の苦痛があるらしい。

転生するには6821兆1200億年かかる。

■焦熱地獄(地獄レベル6)罪状:殺生、盗み、邪淫、飲酒、妄語、邪見(仏教の教えに反する行為をする)
この地獄には、レベル5の罪状のほかに邪見(仏教の教えに反する行為をする)をした人が入る。レベル4の叫喚地獄に入る際に、閻魔大王様にたて突いた人はおそらくレベル2ほどアップし、この焦熱地獄行きになることだろう。仏なんていねーよ!とかロックなことを言っても焦熱地獄行きである。

ここでは常に物凄い温度の炎で焼かれ続け、赤く熱した鉄板の上で鉄串に刺されたり目・鼻・口・手足などに分解されて炎で焼かれるらしい。そんなに高温なら一瞬で灰になって獄卒が大変だと思うが、それほどとてつもない地獄なのかもしれない。(決して邪見ではないのでここに入れないでください)

ここも前に比べて10倍の苦痛がもたらされ、出るには5京4568兆9600億年が必要とされる。

■大焦熱地獄(地獄レベル7)罪状:殺生、盗み、邪淫、飲酒、妄語、邪見、犯持戒人(尼僧・幼女などへの強姦)
この地獄には、レベル6の罪状のほかに犯持戒人をした人が入る。ここまで来ると現世でも相当レベルの高いスーパー犯罪者しか入ることはなさそうなので、一般人はどんなに悪くてもきっとレベル6まででおさまるだろう。

ここでも拷問はレベル6と変わらないらしいが、更に炎の温度が高くなるそうだ。

ここも前に比べてもれなく10倍の苦痛となっており、転生するには宇宙が誕生し消滅するまでの時間の半分がかかるという。

■無間地獄(地獄レベル8)殺生、盗み、邪淫、飲酒、妄語、邪見、犯持戒人、父母・阿羅漢(聖者)殺害。
この地獄には、レベル7の罪状のほかに父母を殺害したり、お坊さんを殺した人が入る。人殺しのなかでも特に罪深い罪人は、地獄のなかでもトップの無間地獄行きなのだ。

この地獄は地獄のなかでももっとも下にあるので、ここに到着するだけでも2000年も落下し続けなければならない。ここではもうとにかく口に出すのもアレすぎるむごたらしい拷問が行われるようで、その苦痛はこれまでの地獄すら天国に感じるほどらしい。ちなみに、ここで転生するのはほぼ無理である。(宇宙が誕生し消滅するまでの時間がかかるため)

いかがだっただろうか。とにかく今まで酒を飲んだり虫を殺したり浮気したりうそをついたりした人は、死ぬ前にドラゴンボールもびっくりのインフレ地獄に行かないよう、一度懺悔をしたほうが良いかもしれない。

このことについて記者が法事の際によくお世話になっているお寺の住職に話を聞いたところ「知らない(笑)」と言っていたので、仏教に精通する人間のなかでもトップシークレットになっているのだろうか……。

とにかく地獄に入りたくない人は、できるだけ清い生活をこころがけるようにしておこう。