2012年3月18日に発売された、アップル社のタブレット機器『新しいiPad』(New iPad)。iPadはじめての4G対応とあって、世界中の人たちが期待している商品となっている。すでに購入し、その素晴らしい機能を堪能している人も多いのではないだろうか?

残念ながら日本のキャリアとなっているソフトバンクモバイルは『新しいiPad』の4Gに対応しておらず、従来の3Gの通信スピードとなっている。とはいえ、スペックが『iPad2』よりも高性能となっているため、体感的にはスピードアップしているように感じるかもしれない。今回は、検証のため『新しいiPad』WiFi+4Gバージョン(AT&T)をドコモで使用してみた。
 
・Xi(クロッシィ)対応SIMカードで検証
日本で売られている『新しいiPad』はSIMロックが施されており、日本国内ではソフトバンク以外のキャリアで使用することができない。よってドコモでは使用できないのだが、今回は北米で購入した『新しいiPad』を用意し、そこにドコモのXi(クロッシィ / LTE)対応SIMカードを挿して検証してみた。
 
・APN設定は「mopera.net」
このSIMカードはドコモのXiタブレット向けであり、通話ができないタイプ。SIMカードを『新しいiPad』に挿すとキャリア表示が「NTT DOCOMO 3G」となる。しかしそのままではインターネットに接続できないので、モバイルデータ通信のAPN設定を「mopera.net」にする。
 
・Xiの回線に接続されず
記者は新宿区の複数のポイントで調べたが、『新しいiPad』のキャリア表示は「NTT DOCOMO 3G」のままだった。Xiタブレットの場合、Xiの回線に接続されると画面に「LTE」と表示される。『新しいiPad』はドコモの公式タブレットではないのでなんともいえないが、「NTT DOCOMO 3G」と表示されている以上、Xi回線には繋がっていないと考えるのが妥当か?
 
・スピードと繋がりやすさはバツグン
これは『新しいiPad』や4Gのパワーではない(と思われるが)が、ドコモの電波は非常に良く安定しており、スムーズにデータを読み込むことができた。『iPad』とドコモの組み合わせは抜群に相性が良いことがわかる。『新しいiPad』がXiに対応していれば尚更ウレシイのだが……。
 
・テザリングに対応
『新しいiPad』をドコモで使用するとテザリングが可能となる。テザリングとは、『新しいiPad』をモバイルWi-Fiルーターの代わりにできるシステムで、パソコンや他のタブレット、ゲーム機、ケータイをインターネットに接続させることができる。
 
・ドコモで『新しいiPad』をする価値はあるのか?
「ドコモで『新しいiPad』をする価値はあるのか?」と質問されたら、あるといえばあるし、ないといえばないし、もっと良い提案があるといえばある。たとえば良い提案。ドコモ回線で『iPhone4S』やテザリング搭載スマートフォンを使用している人は、そのテザリング機能で『新しいiPad』をインターネットに接続させればいい。ドコモで使ってもLTEが使えないわけだし、それで十分かも?

もちろんSIMフリーの『iPad』に限られるが、あなたが持っているソフトバンク『iPad』の電波状況が悪いと感じるならば、ドコモの回線にすることで改善されるかもしれない(よく検討してから決めよう)。
 
・ソフトバンクの『新しいiPad』がもっと早くなる?
いまの『iPad』生活に不満がない人、もしくは「不満はあるけどSIMフリーの『新しいiPad』を買うのは面倒」という人は、わざわざドコモで使用することはないと思われる。ソフトバンクは将来的に「もっとスピードが出る通信回線を『新しいiPad』に用意する」という噂話もあるので、もう少しようすを見てからドコモを導入するかどうか決めたほうが無難かもしれない。

今後も、ドコモ回線の『新しいiPad』を徹底的に検証していく予定だ。何事も実際に試して結論を出すことが重要なので「周波数が違うんだからXiで繋がらなくて当然」とか、「LTE接続できないのはわかりきっていたこと」とか言わず、検証ということでお付き合いいただければ幸いである。
 
Photo: RocketNews24.