中華料理の食堂に行くと、ラーメンにチャーハンが付いていたり、ラーメンに餃子が付いていたり、単品で注文するよりもオトクなセットが用意されている。しかし、ラーメンにラーメンが付くことはないし、チャーハンにチャーハンが付くこともない。

「同じ料理をくっつけても意味ないだろ!」という声が聞こえてきそうだが、そんな常識をくつがえす食堂があるというのだ! なんと、チャーハンにチャーハンがついてくるのである!! えっ? 意味がわからない? いや、意味はそのままである。チャーハンにチャーハンが付いてくる。

そんな不思議な定食を出しているのが、京都・中京区の大衆食堂『チャーミングチャーハン』。ここでは、チャーハンのチャーハン付きを650円で出しているのである。本体であるチャーハンも付属のチャーハンも同じチャーハンであり、味もサイズも同じらしい。

実際にチャーハンのチャーハン付きを注文してみたところ、本当にチャーハンが2つテーブルに出された(笑)。しかも丁寧なことに皿に「チャーハン」と書かれている(笑)。試しに両方のチャーハンを食べてみたが、いくら食べても味の違いがわからなかった。やっぱりどっちも同じチャーハンのようである。

チャーハンばかり書いていて頭がゲシュタルト崩壊しそうだが、チャーハン自体の味は普通に美味しく、ご飯の水分量とパラパラ感、卵の焼き加減、塩加減、ダシのウマミ、そして価格、すべての部分に満足できた。

店員さんに「なんでチャーハンにチャーハンがついてるんですか?」と聞いたところ、「付けようとしなきゃ付きませんけどね」と言っていた。うーむ、どういうことだろうか? いろんな意味で奥が深そうである。
 
・今回ご紹介したお店の詳細データ
店名 チャーミングチャーハン
住所 京都府京都市中京区丸太町通り油小路西入ル丸太町27 高陽院ハイツ 1F
時間 11:00~14:45 / 17:00~21:00
休日 月曜日
 
Photo: RocketNews24.
Correspondent: Kuzo