牛丼に生卵を10個入れると、すさまじく濃厚な「次世代の牛丼」になるのをご存じだろうか? 牛丼に生卵はつきものだが、普通は1個しか入れない。多く入れたとしても2個が限度だろう。

しかし! 生卵を10個入れることにより、黄身の濃厚さが究極なまでにパワーアップ! 新たな次元への扉を開き、今までにないまったく新しい濃厚な牛丼へと進化! 恐ろしいスピードで精神が加速し、「味が未知の領域へと突入」するのだ!

「牛丼に生卵を10個入れて食べると究極の味になるよ」という情報を入手した記者は、さっそく牛丼レストラン『すき家』に向かった。店員さんに「生卵をたくさん入れると美味しいって聞いたんですけど本当ですか?」と聞いたところ、「あー、確かに美味しいと思いますよ♪」とのこと。これは期待できる!

「じゃあ生卵10個で!」と言うと店員さんは「えっ!?」と言っていたが、とりあえず生卵10個を注文するのは問題ないらしい。待つこと2~3分、店員さんが牛丼と生卵10個をプレートに乗せて持ってきた。

『すき家』では生卵を殻付きのまま提供しているので、自分で10個を割る。白身があると牛丼の丼に入らないので、白身だけ先に飲んでしまう。そして黄身だけを牛丼に入れていったのだが……。10個すべての生卵を入れ終わると、牛丼がまったく別物になっていた! なんじゃこりゃあああああ!

肝心の味だが、これがまた最高に美味! 黄身の濃厚な風味と食感が牛肉とからみあってクリーミィーになり、究極の味に変化! 濃厚&濃厚&濃厚なスペシャル牛丼! 皆さんも、とことん濃厚な牛丼の味を堪能してみよう! ただし、カロリーやコレステロールを気にしている人はやめておこう。

Photo: RocketNews24.
[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]










[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]