毎日のように世界のどこかで目撃されているものといえば、未確認飛行物体ことUFOである。かの有名な宇宙人情報通のトップ・アンダーソン氏は「宇宙人は絶対に飛来しないから安心していい」と断言しているが、UFO飛来映像は日々続々とアップされている。

そんななか……。海外のオカルト情報サイト「THE TRUTH BEHIND THE SCENES」によると、2月16日~20日にかけて、世界各国でUFOが目撃され、続々とUFO映像がアップされているとのこと。つまりはUFO飛来ラッシュである。

同サイトが紹介していたUFO動画は全7本。国はロシア・イラン・アメリカ・イギリス・コロンビア・メキシコである。

たとえば2月の16日には、アメリカ上空を編隊飛行するUFOがドライブ中の自動車より映像として激写されており、同じ日、メキシコでもUFO映像が撮影されている。2日後の18日にはコロンビアとイギリス。翌19日にはロシアのモスクワと、米カリフォルニア州で激写。翌20日にはイラン上空……と、世界各国で目撃されている状態なのだ。

前述のトップ・アンダーソン氏は「宇宙人が地球に飛来したとき、私たちの前に姿を現したとき、それは人間の時代の終わりを意味するのである。」と記している。世界各国にUFOが飛来しまくっているということは……。何事もないことを願うばかりである。

参照元:THE TRUTH BEHIND THE SCENES(英語)

▼2.16アメリカ

▼2.16メキシコ

▼2.18コロンビア

▼2.18イギリス

▼2.19ロシア

▼2.19アメリカ

▼2.20イラン