シベリアで、絶滅したはずの生物の姿が激写されたと話題になっている。その生物とはマンモスだ。現生ゾウの類縁とされるこの生物、生息したのは推定で400万年から1万年前とされている。

公開された動画には、川を渡るゾウのような生物の姿が。果たしてこれは、本当にマンモスなのか!? それともほかの何かなのか!!

動画を撮影したのはロシア政府の測量チームのようだ。2011年夏、ロシア北東のチャクチ半島を訪れた際に、謎の生物に遭遇した一部始終をカメラに収めたのである。

ビッグフットなどの未確認動物(UMA)に詳しいマイケル・コーエン氏は、シベリアではマンモス目撃情報は珍しくないと語る。「シベリアは広大であり、未踏の地域が多い」として、「絶滅していない種がいても何ら不思議なことではない」と説明している。

公開動画はやや不鮮明なのだが、マンモスあるいはゾウのように見えなくもない。しかしながら、これを見た海外ネットユーザーからは、「魚くわえたクマじゃないのか?」との指摘がある。いや、むしろそのような指摘が相次いでいるのだ。

そう言われると、口に鮭をくわえて四足で歩くクマのようにも見えるのだ。いずれにしても画質が悪く、クマと断言することも難しい。とにかく今後この地域調査が進み、全貌が解明されることになるだろう。絶滅したマンモスか? それとも魚をくわえたクマか? あなたはどう思われるだろうか……。

参照元:The Sun(英語)