つい先日、「iPhone4Sが発売された中国でiPhone5よりも先にiPnoho6が発売中」という記事をお伝えした。一瞬、iPhone6のように思えたが、実は「iPnoho6」であった。また昨日、「iPhone4Sが発売された中国でiPhone5よりiPhone6よりも先にiPncne7が発売中」という記事をお伝えした。ついにiPhone7が……と思いきや、よく見ると「iPncne7」であった。

いずれにしても、紛らわしいネーミングなだけであった。だがしかし。だがしかしッ……。ついに正真正銘の「iPhone8」が売っているという情報が、中国版Twitterことweiboにおいて、画像つきでリークされたのだ。

問題のリーク写真を確認してみると……なるほど、これはたしかに「iPhone8」である。一文字だけ違ったり、紛らわしいネーミングなどのブツではない。パッケージに書かれた7つの英数字は、たしかに「iPhone8」と宣言している。

さらに、iPhone8は計算機のようなカタチをしているのがわかる。iPhoneにも計算機機能はあるが、それを全面に押し出す戦略であるようだ。また、数字のボタンがあるようにも見えるが、実はこれ、タッチパネルという可能性も捨て切れない。実は計算機アプリを起動しているのかも知れない。

実機の下部には、iPhone伝統のホームボタンが。見れば見るほど、次世代iPhoneに見えてくるから不思議なものだ。ちなみに、iPhone5は画面が大きくなり、長さも幅も少しだけ大きくなるという情報がある。こちらのiPhone8も、画面が大きく、長さも幅もiPhone4Sに比べると大きいように見える。これはもしかすると……もしかするかも!

いずれにせよ、中国におけるiPhone9の登場に期待したいと思う。きっとある。なくても近々出てくるはずだ。

参照元:weibo
執筆:GO羽鳥

▼拡大版でご覧いただきたい。本物なのかニセモノなのかはさておき、これはiPhone8である。