オーロラといえば北欧やカナダなどでよく見られる現象だが、なんと日本でもオーロラが見られる可能性があるらしい。しかも2012年1月24~25日に! マジで? 宇宙キターーー!

そんなファビュラスでシビれる情報を伝えているのは、東京工業大学・理学研究流動機構の片岡龍峰博士。片岡博士はインターネットコミュニケーションサービスTwitterで、日本でもオーロラが見られる可能性があると伝えているのである! 博士の書き込みは以下のとおり。
 
・片岡博士によるオーロラ情報
「大フレアが発生し(1/23 11日本時 M8クラス)、コロナ質量放出が高速(秒速2000km程度)で飛びだしました。早ければ明日から、さらに強い南向き磁場を伴う場合には、日本でもオーロラが見えるほどの巨大磁気嵐が発生する可能性があります」

「明日から明後日にかけて(1/24-25)再び磁気嵐が始まるかもしれません。このグラフで-250nTに達するほど発達すると日本でもオーロラが見られる可能性があります。ちなみに、いま発生中の磁気嵐は-100nTにも達していません」
(引用ここまで)
 
あくまで「見られる可能性がある」という情報なので、絶対に見られるというわけではないものの、日本でもオーロラが見られるというのは非常に幻想的で夢のある話である。北海道でもオーロラが観測されるときがあるが、本州でも見られるとしたら……なんともシビれる話である。今後のオーロラ情報に注目だッ!
 
参照元: Twitter / ryuhokataoka.