大手電気店ヨドバシカメラ(以下:ヨドバシ)とビックカメラ(以下:ビック)は、それぞれ2012年元旦から福袋の販売を開始した。当編集部でも、各店に並び「タブレットPC福袋」を購入。値段の差はあるものの、中身を比較するために同種の福袋を購入してみた。

それぞれの福袋からは「お!」っと思うものが出てきた。ヨドバシの福袋にはiPad2、一方ビックの福袋には意外な端末が入っていたのである。これはスゴイっ! スゴイぞーッ!

ヨドバシは1万円、3万円、5万円などの幅広い価格帯で「おたのしみ箱」を用意。タブレットPCが入っているという「タブレットの箱」は3万円での提供となっていた。当編集部メンバーは5時に並び先頭から数えて20番前後だったのだが、列の整理が始まるとタブレットの購入順番は3番目に。この種の福袋は、意外にも注目されていないようだった。

そしてビックは、1万9800円での提供。チラシには「10.1インチ Android」と書かれていた。したがって、iPadが入っていることはないはずだ。もしかしたら、サムスンの「Galaxy」が入っているのでは? 私(記者)はそう思っていた。ところが袋の中には、その予想とは異なる商品が! 以下がそれぞれの福袋の内容である。
 
■ヨドバシカメラ タブレットの箱(3万円)の中身
・iPad2 WiFiモデル 16G 4万4800円相当
・セミハードケースセット 2980円相当
・ディスプレイクリーニングパッド 400円相当
・ヨドバシ割引券 1000円相当
中身の合計金額(推定):4万9180円相当
売価との差額:4万9180円 - 3万円 = 1万9180円
 
■ビックカメラ タブレットPC福袋の(1万9800円)中身
・acer ICONIA TAB A500-10S16 16G 3万3500円
・ノートンモバイルセキュリティ1年版 2980円
中身の合計金額(推定):3万6480円相当
売価との差額:3万6480円 - 1万9800円 = 1万6680円
 
以上のような内容であった。売価との差額で、よりお得なのはヨドバシの方であったようだ。ちなみにそれぞれの店舗とも、購入額に対してはポイントを付与している。それにしてもacerの端末が入っていたとはかなり予想外であった。

金額に差があったとはいえ、ヨドバシカメラもビックカメラもタブレット箱を手にした人は、「得をした」と言えるのではないだろうか。年のはじめの運だめし! 皆さんも福袋を買ってみてはいかが?
 
【続報】
まだビックカメラで福袋が買えるぞ! しかもインターネット限定販売やで!( http://goo.gl/08es0 )
 
写真:Rocketnews24

▼ ヨドバシのタブレット箱にはiPad2が
▼ ビックにはacerのICONIA TAB
▼ いずれの福袋にも、驚きが詰められていた
▼ こちらがacerのICONIA TAB