人の肉ってどんな味がするのだろうか。これは現代人にとって禁断の問いかけであり、それを敢えて実践しようという人もいないだろう。

だが、先日オランダのサイエンス番組で人肉の味について実験が行われたそうだ。しかもその検証方法が生放送中に司会者2人が互いの肉を食べあうというもので、大変な物議を醸しているらしい。

司会者が互いの肉を食べたというのは、オランダBNNで放送のサイエンス番組「Proefkonijnen(モルモット)」だ。

「人肉の味ってどんな味」というテーマのもと、体をはって自らの肉を差し出したのは司会者のデニス・ストームさんとヴァレリオ・ゼナさんだ。彼らはさらに放送中に互いの肉を食べあったという。

まず2人は事前に個人クリニックでお尻の肉を2~3センチ分カット。それを一旦冷凍保存。そして番組内でシェフを招いて調理、ワインと一緒に美味しく食べたという。デニスさんは「人肉が鶏肉みたいな味だという人もいるけどそれは間違いだね。本当はもっと大きくカットしてほしかったんだけど医者にダメだって言われたんだ」と語っている。
 
文字通り身をけずって、現代人の疑問に答えてくれた2人だが、現地では

「野蛮」
「クレイジーすぎる」
「気持ち悪い」
「ネクロフィリア(死体愛好)よりヒドイ」

などと大批判を浴びているらしい。
 
またこの実験自体がねつ造だと指摘する視聴者もいるそうだ。デニスさんとヴァレリオさんは実験は事実だと主張している。

ちなみにオランダでは人肉を食べること自体は禁止されていない。だが専門家は医師が健康な人間の体にメスを入れることが法律に抵触する恐れがあると指摘している。

参照元:Proefkonijnen、Facebook Proefkonijnen(オランダ語)

▼尻にメスを入れる前、励ましあう2人
▼生放送