現在(2011年12月13日)あの世界最高峰のスペインクラブチーム「FCバルセロナ」のスター選手たちが、日本の町中で観光している様子が数多く目撃されている。

そしてそのバルセロナ選手たちが日本を満喫している様子を、スペイン紙「Mundo Deportivo」の電子版も伝えているのだが、その記事のトップにはこんな見出しが躍っていた。

「誰にも気付かれないアイドルたち」

そう、スペインでは多くの人が、あのサッカー界のスーパーアイドルたちが誰にも気付かれず、平然と町を歩いていることに驚きを覚えているのだ。Mundo Deportivoは超大人気選手アンドレス・イニエスタが日本の地下鉄に普通に乗っている写真をトップに持ってきて、「もしバルセロナの地下鉄にイニエスタが乗っていたら、どうなると思いますか? 集団的狂気が生じるでしょう、間違いなく」と記事を締めくくっていた。

またこのイニエスタの写真を見たスペイン語圏のネットユーザーからは、次のようなコメントが寄せられている。
「ちょっと中国人みたい」
「日本人はサッカーを知らないんだな。もしこんな世界的選手たちがここグアテマラ(中央アメリカに位置する国)にいたら、町中騒ぎになっちゃうよ。絶対に」
「謙虚さが彼らを成長させる。だから私はFCバルセロナのファンなのです」
「普通の顔をしたスパースターだと思う。この人好きだな」
「彼こそ謙虚さそのものだ、頑張れ、アンドレス!」
「なんとたくましい男なんだ…なんと偉大なんだ、君は!」

スペイン国民だけでなく、世界のサッカーファンたちも驚かせた今回の衝撃写真。みなさんがもしイニエスタなどの超有名選手を見かけたら、どうするだろうか? もし記者(私)だったら、声をかけることすら畏れ多くて、ただただ遠くから羨望(せんぼう)のまなざしで眺め続けていることだろう。

(文=田代大一朗

参照元:Mundo Deportivo(スペイン語)