お待たせしました。制作期間に7年、3億5000万円の費用をかけ、ついに韓国のハイクオリティのアニメーションが日本の上陸します。その名も『アーチ&シパック 世界ウンコ大戦争』です!

この作品は、公開にこぎ着けるまでに紆余曲折を経て、ようやく2012年2月に日本でも公開されることとなりました。韓国のクリエーターたちが心血を注ぎつむぎ出した、世界でも稀な「クソ映画」と、公開前から話題を呼んでいるようです。どこかで見たネズミのキャラクターも登場するようですよ!

作品が公開されるまでに、実に6年も費やしたそうです。それには理由があります。それは、内容があまりにも下劣であったために、配給会社が日本での公開を渋ったようです。制作から開始から13年を費やし、ようやく2012年に日本での公開に至りました。

その内容はというと、エネルギーが枯渇した世界で、人間のウンコだけが唯一のエネルギー源となり、世界中でウンコを奪う熾烈な争いが起きるというもの。

公式サイトには、「史上最もがんばる方向を間違えた『クソ映画』 」と、救いようのない説明文が掲載されています。しかしながら、この作品「ソウル国際カートゥーン&アニメーションフェスティバル2007大賞」と「第40回シッチェス・カタロニア国際映画祭最優秀長編アニメーション賞」などを受賞しています。タイトルこそひどいものですが、内容は素晴らしいかもしれません。

なお、公開は東京・吉祥寺のバウスシアターを皮切りに全国で順次公開されるとのことです。韓国発のウンコ大戦争に興味のある方は、是非劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。2012年の幕開けを飾るにふさわしい「クソ映画」であることに間違いはないでしょう。

参照元:Youtube AAandSSinfo
[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]

▼ 配給会社もドン引きした『世界ウンコ大戦争』予告編
▼ あのネズミのキャラクターも豪快にブリブリブリ~ッ!

[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]