12月6日午前、中国広東省にある橋の上に突然全裸男が現れたそうだ。男は高さ20~30メートルある橋の塔に登りつき、橋は封鎖、現地は一時混乱した。

男は「俺は孫悟空だ」とわめき、消防の説得にも全く応じる気配はなかったそうだ。だがそこで隊員が機転を利かせ「私は三蔵法師です、弟子にするから降りてきなさい」と説得し、事件を解決に導いていたことがわかった。

事件が起きたのは広東省東莞(とうかん)市だ。現地時間12月6日9時頃、全裸の男が橋のワイヤーが伸びる塔の部分にのぼりついたらしい。塔の高さは20~30メートル。落ちたら即死である。

9時30分頃男が下りる様子がないため、現地警察は橋の封鎖を決定。消防隊員による説得にあたることにしたそうだ。

だが、男は消防隊員の話を全く聞き入れようとしない。塔の上に寝転んだりし、あわや落下かというシーンもあったそうだ。挙げ句の果てに「俺は孫悟空だ」とわめきだす始末。彼が言うのはもちろん西遊記の孫悟空である。

男は完全に興奮状態。万策つきたかと思われたが、この様子を見たある隊員が男に西遊記の話をふってみると、男の態度が一変。話に乗ってきたそうだ。隊員は男と孫悟空がいかにすごいか、三蔵法師と天竺に行ったときの逸話、どうやって妖怪を倒したかなどの話をしたらしい。

西遊記の話に男も徐々に落ち着きを取り戻してきた。「今だ!」と思った隊員はなんと「私は三蔵法師です。あなたを弟子にしてあげます」と言い放ったのだ。

これで効果がなかったら手荒な方法を使っても確保するしかない! 消防側がそう覚悟したところ、男は隊員を拝むような動作をし、ゆっくりと歩み寄ってきたそうだ。事件発生から約1時間30分、男性は無事保護された。

ラッシュ時の事件ということで、市民からは不満の声が相次いだようだ。だが、それにしても消防隊員の臨機応変さは素晴らしい。誰一人ケガすることなく解決したことは何よりもの救いである。

参照元: CNR.cn(中国語)

▼全裸男「俺は孫悟空だ!」、消防「私は三蔵法師です」
▼お師匠様、ごめんなさい
▼無事保護されました