無線LAN機能付きSDカード『Eye-Fi』(アイファイ)。以前から発売されている次世代SDカードなのでご存知の方も多いと思うが、これはSDカード本体に無線LAN機能を搭載したもので、カメラで撮影した瞬間に、パソコンやiPad等に写真を転送してくれるスグレモノなのだ。

『Eye-Fi』は、周囲に無線LANの電波があればそこに接続し、インターネット上に画像をアップロードすることが可能。パソコンを持っていれば、ダイレクト送信でインターネットを介さずに写真を転送することも可能だ。

さらに凄いのは、iPod touchやiPadやiPhoneにもダイレクト送信で写真を転送できる点である。つまり、古くなって不要になったiPod touchやiPadやiPhoneをデータバンクとして写真の保存先に指定できるのである! さらにっ! iPadやiPhoneが3G回線につながっていれば、無線LANの電波がなくてもカメラで撮影した写真をインターネット上の自分専用サーバーにアップロードできるのである! もちろん、インターネット上からパソコンにダウンロードすることも可能! これはすげぇぇぇ!
 
・たとえばこんな感じで写真を転送できる
デジカメ→(ダイレクト送信)→ iPad →(3G回線)→ ネットサーバー → パソコン
デジカメ→(ダイレクト送信)→ iPhone →(3G回線)→ ネットサーバー → パソコン
デジカメ→(ダイレクト送信)→ iPod touch →(無線LAN)→ ネットサーバー → パソコン
デジカメ→(ダイレクト送信)→ パソコン
デジカメ→(無線LAN)→ ネットサーバー → パソコン
※もちろんiPhoneやiPadなどのUSBケーブルでパソコンに写真を移すことも可能
 
iPod touchやiPadを持っていない人は、アップルストアのオンラインショップで激安な整備品(故障したものを公式に修理した新品同様のiPadやiPod)を購入して、『Eye-Fi』の写真転送先として使用するのも賢い方法だ。

当編集部の検証では、iPod touchやiPadやiPhoneのスイッチがオフになっていても、写真を自動的に転送することができた(ただし主電源を切ると転送不可能)。また、『Eye-Fi』には転送した写真を自動的に削除する機能も搭載されており、『Eye-Fi』内のメモリが満杯になることを防ぐことができる。実質、SDカードの容量が無限大になったといえる。

そもそも、『Eye-Fi』の利点とは何なのか? カメラやSDカードを紛失しても写真はすでにネットワーク上やiPadなどに転送されているので、写真だけは手元に残る。また、撮影中にSDカードがエラーになって写真を読み込むことができなくなることが稀にあるが、そういう事態になっても写真を撮るたびに写真をネットワーク上やiPadに転送していたわけで、写真損失の被害を最小限にとどめることができる。

もちろん、FacebookやFlicker、Picasa、Mobile Meなどのインターネットコミュニケーションサービスに写真を自動的に転送して保存したり、みんなに公開して写真を共有することも可能である。デジカメで撮影した高画質な写真は、ケータイでは得られない感動を人に与えるだろう。ちなみに、動画も転送可能である。

当編集部の記者は、記者として『Eye-Fi』に非常に期待をしている。海外の治安が悪い地域を取材する際、撮影中にカメラを取りあげられたり、「データを消せ!」と言われて強制的に削除させられたりすることがある。しかし、この『Eye-Fi』があれば撮影した瞬間にiPadやiPhoneに転送できるので、万が一、カメラを取られたりSDカードからデータを消されても、大切な写真だけは残すことができるからだ。

皆さんも、『Eye-Fi』をチェックしてみてはいかがだろうか? 記者は『Eye-Fi』が3枚ほどあれば取材時の撮影で完璧だと思っているのだが、貧乏なので1枚しか買えない。しかし、1枚でもあればかなり便利である。とにかく、体験する価値のある次世代SDカードなのは間違いない。

ちなみに、『Eye-Fi』にはいくつか種類があり、それぞれ性能が違うのでよく確かめてから購入しよう。フルスペックモデル(最強バージョン)は『Eye-Fi Pro X2』である。

写真: RocketNews24.
Correspondent: Kuzo