TBSの人気テレビアニメーションといえば、『輪るピングドラム』(原作・イクニチャウダー)だ。登場人物すべてが「裏の秘密」を握っているかのようなストーリー展開は、憶測が憶測を呼んで大きな話題となっている。

このアニメには、今までにない魅力的な人物描写やストーリ展開があるだけでなく、実際に発生した事件を彷彿(ほうふつ)とさせるシーンもあるなど、あらゆる意味で注目されている作品なのだ。

その作中に何度か登場する『荻窪の味 リナちゃん』というラーメン屋があるのだが、その店が実在するというのだ! 最近は11月に放送された19話や20話に登場した。ということで、記者は実際に『荻窪の味 リナちゃん』に行ってみた。

地下鉄丸ノ内線の荻窪駅から徒歩2~3分のところに『荻窪の味 リナちゃん』があった。いや、正しくは『荻窪の味 三ちゃん』であり、建物はソックリなのに店名だけが少しだけ違っていた。アニメ内では「リナちゃん」だが、実際は「三ちゃん」というわけだ。

店内に入ると、アニメとはややデザインが違うものの雰囲気がほとんど一緒。店主は非常に優しい感じの男性で、「ここってアニメに登場するラーメン屋ですよね?」と聞いたところ、「えっ? 何のことだろう? ……ああ、そういえば夏になる前あたりにアニメーターの助手やってるとかいう人が取材に来たなあ」と語っていた。

『輪るピングドラム』のこともそうだが、作品にこの店をモデルにしたラーメン屋が登場していることを知らなかったという。でも店主は、かなり嬉しがっているようだった。そのアニメは何時にやってるのかと聞かれたので「TBSで金曜日の深夜の午前2時半くらいからですね」と言うと、「その時間にはもう寝てるなあ(笑)」と語っていた。

記者が実際にアニメの『荻窪の味 リナちゃん』と現実の『荻窪の味 三ちゃん』を見比べてみたところ、店の壁に貼られている探偵のポスターや、隣のマンションとの間にある壁、ゴミ箱も同一のものが双方にあった。もしかすると、このラーメン屋さんがファンのスポットになるかも!?

ちなみにこの『荻窪の味 三ちゃん』という店名だが、皆さんは20話に出てきた猫の名前に覚えはないだろうか? そしてペンギンの名前も……。もしかすると何かしら意味が……。うむむむむ、考えれば考えるほど頭がまわる……。

・今回ご紹介したお店のデータ
住所 東京都杉並区荻窪5-29-20
時間 11:00〜22:00
休日 不定休

【続報】
『輪るピングドラム』の主人公たちが住む家のキリンと豚が実在した! 実際に行ってみた

写真: RocketNews24.