かつて、これほどまでに感動的なプロポーズがあっただろうか。2011年11月中旬に、カナダのインターネットユーザーによって公開されたプロポーズの動画は、おそらく今まででもっとも感動的な場面であったに違いない。なぜなら彼は6年もの月日をかけて、彼女へ思いを告げる準備をしてきたのだ。その様子が海外ネットユーザーの間でも話題となり、瞬く間に15万回以上再生されているのである。

是非とも、プロポーズの動画をご覧頂きたい。思いを告げるその瞬間、何も知らない彼女をよそに、周囲では準備していた友人たちが彼のポローポーズを影ながら手伝っている様子がよくわかる。見ているこっちまでドキドキしてしまうのだ。

この動画はカナダのパイロットの男性が公開したものだ。彼は長年連れ添った彼女がいた。彼女とは約1年間のデート期間を経て、5年前から真剣に交際するようになったそうだ。いずれ結婚することだけは明確にわかっていたのだが、そのときをいつとは決めていなかったようだ。

2人はしばしば遠方に旅行にでかけ、その記録として記念撮影を行っていた。その方法が少々変わっていて、アルファベット1文字を持ち、撮影を続けていたのである。最終的に「WE ALWAYS KNEW」という言葉を完成させるべく旅行を繰り返していたのだ。

彼によれば、いずれ結婚した後に、お互いが出会う運命であったことを「常に知っていた(We always knew)」と記したかったそうだ。

そしてついにすべての文言が完成する日を迎えた。彼らは地元モントリオールで、最後の「W」の文字を撮影することになったのだ。通りすがりの人にカメラを託して、撮影するようにお願いをしたのだが、実は周りでは彼女が気付かないうちにさまざまな準備が進行していたのである。

実は背後でこっそり、「ILL YOU MARRY ME」の横断幕が掲げられていたのである。2人が手にしている「W」を合わせると「結婚してください(Will You Marry Me)」となるのだ。撮影した写真を見た彼女は号泣。この日この瞬間を迎えるために、彼は6年間もの時間を費やし、彼女に思いを告げたのである。

おそらく彼女は、2人で見てきたすべての瞬間が頭に蘇り、今その場でひざまずき指輪を差し出す彼に、感極まったようだ。もちろん彼女は彼の申し出に快く答え、2人は結婚することになったのである。

協力してくれた人たちはもちろんのこと、一部始終を見ていた周りの人たちからも拍手と「おめでとう!」の言葉が投げかけられた。

6年もの月日をかけて果たされたプロポーズに、海外ネットユーザーも感動しており「信じられない」や「素敵!」、「美し過ぎる」などのコメントが寄せられている。どうか2人には末永く幸せになって頂きたい。

参照元:Youtube daviator358

▼ 2人の6年間を振り返り、プロポーズを迎えるその瞬間の動画