子どもにとって、親にしてもらう読み聞かせは大きな宝物だ。親子の絆を深めながら、読み書きや聞き取りの力、理解力をつけられる。読み聞かせを楽しんだ子は、自然と読書や勉強が好きな大人になる。

皆さんはお子さんに読み聞かせをしてあげているだろうか。していても「ただ何となく音読するだけ」という方に、「読み聞かせで子どもを読書好きにする10の方法」をご紹介したい。上手な読み聞かせで親子の読書タイムがより充実したものになるよう、ぜひお試しあれ。
 
1. なるべく毎日読む
ほんの数分でもいいから毎日読むのを習慣にしよう。忙しい人には短編集などがおすすめ。義務的にならないよう、楽しいトーンで読書タイムを始めよう。

2. 読み聞かせの場所をつくる
ソファーに座ったりクッションを重ねて寝転んだり、安心して読める居心地の良い場所で読む。

3. 子どもに本を選ばせる
親ではなく子ども自身が選ぶことも大切。図書館なども利用して関心のある本を見つけよう。

4. 表紙について語る
イラストの感想を聞いたり、何の話か想像させたりすると、本を開く楽しみが倍増する。

5. 登場人物の声色を使い分ける
あまり大げさにする必要はないが、平坦にならないように声を変えて読んであげよう。また早口になり過ぎないように注意しながら、じっくり読もう。

6. 挿し絵を見せながら読む
挿し絵は内容の理解が高めるだけでなく、フィクションを身近に感じさせてくれる。

7. 読み返す
読んだら終わりにせず、内容を話し合う。もう一度本を開いて挿し絵を見ながら感想を聞いたり、難しい言葉を理解できているか確認しよう。

8. 現実と結びつける
「うちの庭にもこんなモグラさんがいるかもね」など、本の内容と現実の世界を繋げてストーリーを更に身近に感じさせるといい。

9. 本の論評をさせる
どんなところが面白かったか、どんなところが気に入らなかったか、どんなことを学んだかなどを話し合おう。

10. ジャンルが片寄らないようにする
とにかく色々な本を読み、世界を広げてあげよう。子どもの興味が意外なジャンルに向けられるかも知れない。
 
本を読むこと、学ぶことは人生を豊かにしてくれる。ぜひお子さんと楽しい読書タイムを送って欲しい。

参照元:Shine(英文)

Photo:rocketnews24.
モデル:Joe Hatori