以前に、飼い猫の隠れた音楽性を引き出す猫用爪とぎが販売されている件をご紹介したが、「そもそも猫なんて自由気ままで大して芸もしない。猫に音楽の才能なんてあるわけないじゃないか!」と思っている愛猫家さんにぜひ見てもらいたい動画がある。

この動画は「NORA: Practice Makes purr-fect” – Check the sequel too.」というタイトルで2007年に投稿されたものである。だが、その再生回数は2200万回を超え、現在でも伸びる一方だ。

タイトルにある通り、このニャンコ・ノラちゃんは実際にピアノを弾く。しかも、ちゃんと両手を使って酔いしれるかのように真剣に弾くのだ。それだけではない、傍らの人間の演奏に必死で耳を傾けながら、デュエットまでこなすのである。息のぴったりあった連弾の様子はまさに圧巻、「ブラボー」と拍手したくなる。

ちなみに飼い主であるお父さんは作曲家で、お母さんはピアノの先生。言わば音楽一家に育てられた猫だ。一家は他にもたくさんの猫を飼っているが、ある日突然イスによじ登ってピアノを弾き始めたノラちゃんの才能をお母さんはいち早く見いだしたそうだ。

2本目の動画「Nora The Piano Cat: The Sequel – Better than the original! 」では、お母さんがこの才能を育てるべく、レッスンをしている様子も伺える。それに一生懸命応えようとするも、途中で「つかーれたにゃ」といった風にぐてーっと鍵盤にあごをのせてしまうノラちゃんの表情にも是非ご注目いただきたい。

参照元:Youtube burnellyow、Youtube burnellyow

▼デュエットが始まるのは1分40秒あたりから

▼確実に上達している様子、1分過ぎたあたりの完璧なデュエットに注目