バイオガスという言葉をご存じだろうか。生物の排泄物やゴミ、エネルギー作物などから生成されるバイオ燃料の一種で、非枯渇性の再生可能資源として近年注目されている。

トイレ国内1位のシェアを誇る衛生陶器メーカーTOTOが、バイオガスを燃料に走行するバイク、「トイレバイク・ネオ2号」を開発した。トイレに関わる不要なものをエネルギーに換えるというという考えのもと、人と会話するトイレをコンセプトとし、音声機能、音楽再生機能、LEDメッセージ照明など多くの機能を備えたバイクである。

これに対し海外メディアが、「日本がなんとウンチで動くバイクを作った。しかも話す。これはクレイジー!」と報道した。「トイレが話すとはすごいアイデア。ライダーが便秘で燃料切れが心配な時に、トイレが慰めてくれる……とはいかないが、運勢や天気予報は教えてくれたりする」との記事が掲載された。

バイオガスではなく排泄物で動くバイクという報道も、仕方のないことかも知れない。何せトイレバイクはその名の通り、シートが便座になっているのだ

ネオ2号は2011年10月6日から、環境負荷低減の取り組みをアピールする長距離走行を開始する。福岡県北九州市にあるTOTOの小倉工場を出発し、国東半島の黒津崎海岸にある奇岩「おしり岩」に参詣して、千キロ以上走って東京を目指すそうだ。ライダーの排泄物ではなく、別途準備されたバイオガスを燃料にするという。

というわけでネオ2号を見かけた方は、温かい声援をかけてあげて欲しい。ウンチの寄付は不要である。

参照元:DVICE.com(英文)

▼まんまトイレである

▼背面にはTOTOのロゴ

▼こちらが前面