フジテレビ系列の人気音楽番組『HEY!HEY!HEY!』。ダウンタウンを司会に毎週豪華アーティストをゲストとして呼んでいるが、10月10日の出演者がTRF以外全部K-POPアーティストだとしてネットで話題となっている。

確かに番組ホームページを見てみると、出演は東方神起、AFTERSCHOOL、T-ARA、RAINBOW、FTISLAND、2NE1、TRFと6組が韓国人アーティストたちであった。

この内容に対しネットユーザーたちは「また韓流のゴリ押しか?」と以下のような声をあげていた。

「K-POPなのに何で日本語で歌ってるの?頭おかしいの?」
「むしろなんでTRFがいるん?w」
「まあ、でもKARAは認める」
「どこの国のテレビ局だよマジで」
「見ないからどうぞどうぞ」
「普通に考えてもおかしいだろwww」
「K-POPよりカマタレントの多さの方が気になる件」
「韓国でやれよ」

ネットの声はほとんどが韓国人の多さに対するコメントであったが、一部でははるな愛さんやミッツ・マングローブさん、クリス松村さんなどのオネエ系タレントを多数呼んでいることから「オカマタレントを使いすぎ!」との意見も見受けられた。

参照元:フジテレビ