9月1日、全中国人を震え上がらせる衝撃のニュースが報じられた。

それはなんと中国廣州岑村のとある池に、いまだかつてない、超巨大サイズのUFOが現れたのだ。 映像を見てみると確かに6つの光り輝く吸盤のような脚部を持つUFOが、撮影者の真上を飛び去って行くではないか!

飛行時に発生する音がほぼ無いことから、このUFOはアンチ・グラビティ・ブースターや、機体の周りに真空を発生させる超高真空パネルを搭載した、非常に高等な科学技術レベルを持つ宇宙人が搭乗している可能性が考えられる。

この動画を見た中国ネットユーザーはおおいに震え上がり、動画共有サイト「Youku」に、以下のようなコメントを残していた。

「偽だろ!」
「ぜってー偽!」
「この動画を作った人間を人肉捜索するぞ!」
「良い偽動画だ」
「中国のCG作成技術も進化したな。」
「もし偽だったら、中国のSF映画も面白くなるかも」
「ニセモノだと思います。」

発言を見る限り現実を直視できないのか、ほとんどの人間が偽りの動画だと思っている。残念ながら中国人たちは、この大変な状況を信じることができない状態のようだ。

上で紹介したもの以外にも、現在は中国のハイウェイ上を同じタイプのUFOが高速で消える動画がアップロードされており、近い未来中国が宇宙人に侵略される可能性は否定できない。

もちろん中国が侵略された場合、近い場所にある日本にも危機的な状況が訪れるだろう。現在のところ、我々は中国が誇る最新鋭ロボット「先行者」で、彼らが悪しき侵略者たちを撃退してくれることを祈るしかない。

参照元:Youku