フジテレビの人気ドラマといえば『踊る大捜査線』だ。映画化もされ、主演の織田裕二さんの「第二の出世作」とも言われている。そのテーマ曲は非常に人気があり、テンポが良いだけでなく緊迫感も伝わってくる秀逸な作品である。

第22回日本アカデミー賞音楽賞で優秀賞を獲得したほどの名曲なのだが、『踊る大捜査線』のテーマ曲はパクリ曲なのではないかとインターネット上で物議をかもしている。メキシコで名曲とされている『El Cascabel』にソックリだというのだ。パクリというより「そのまま」と言っても過言ではないレベルだという。

実際に双方の曲を聴いてみたが、邪推しなかったとしても「そっくり!」と思ってしまうレベルだった。パクリなのかどうかは不明なので断言は避けるが、双方の曲が似ていると感じられても仕方がないのは確かだ。この件に対してインターネットユーザーらは以下のようにコメントしている。

・インターネットユーザーの声
「知ってた」
「コピーすぎる。これはひどい」
「すげー完璧にパクりだ」
「偶然だろ偶然」
「もはや上場廃止か放送免許返上かを選ぶしかないねこりゃ」
「かなり前から言われてるし作曲者もオマージュって言ってなかったか」
「俺は知らなかったからこういう今更ネタは助かるわ」
「まんまじゃねーか!」
「上場企業としてはあるまじき暴挙。コンプライアンスが厳しく問われて当然ですね」
「パクったうえに劣化させてるじゃん」
「いつの話題だよ。しかもパクってても著作権的にセーフなんだろ」
「知らなかった、これ似すぎだな」
「これはアウトだろwwwwwwwwww」
「著作権が切れてるからクレジットしなくていいってわけじゃないと思うんだけど」
「韓国のテレビ局なんだからパクルのは当たり前」
「第22回日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞。パクリに賞とか程度が知れるわw」
「これ知ったときあまりのひどさに笑えなかった」
「今回を機に一気に知れ渡ったら面白いことになるだろう」
※実際に著作権が切れているかどうかは不明です

実はこのパクリ騒動、数年に一度、毎回のように再炎上する話題で、以前から「フジテレビの『踊る大捜査線』は海外の曲のパクリだ」言われていたのである。オマージュとしては似すぎているように思えるし、どちらかといえばカバー曲と言われたほうがシックリくるかもしれない。そんな声があるのも事実だ。

参照元: YouTube giulianobevisangue.

▼メキシコ『El Cascabel』動画

 
▼メキシコ『El Cascabel』生演奏動画